Montag

暮らし・・・ときどきハンドメイド、ときどきお出かけ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

冬至の夕暮れ 

 

冬至の夕暮れ、17時。

         20161221170747248.jpg

「年内に済ませたい」と急にあれこれ思い出す。

明日は、Kさんにマンガを返しに行こう。
Fさんに箱を返しに行こう。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

1匹60円余り!、なんてこと! 

 

こんなにきれいなお魚が1匹60円余り。

         201612061933277d4.jpg

なんてこと。
夕食が安く上がるのは嬉しいけど、お魚に対して、漁師さんに対して申し訳ない。
値段の後ろには、命や労働がある。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

フィンランドスタイルのブーケ 

 

土曜日、ちるちゃんと一緒に申し込んだフィンランドスタイルのブーケのワークショップへ。

        20161003121500313.jpg

竹中工務店のギャラリー、エークワットのイベントです。
今ギャラリーでは、フィンランドのデザイナー、アイノ・アールト展が開催されています。
欅会の帰りにまったさんとも行ったので、2回目。

ワークショップの講師は北欧フラワーデザイン協会のヘンティネン・クミ先生。
日本人の先生です。
スライドを見ながら、フィンランドの森のお話やトナカイが食べるという苔?のお話を聞いて、先生のデモンストレーション。

アールトのフラワーベースにいけられた先生のお花。
これを作るわけではない。
       
         20161003121458c01.jpg

姫りんごをピックに刺したり、お花の葉を丁寧に取り除いたりして下準備。
白樺の小枝でブーケの土台をあらかじめ作ってくださったので、まずはグリーンをワイヤーで留めて、花を挿していく感じ。
フィンランド風のラッピングも教えていただきました。

         20161003121501bf4.jpg

ひも部分を持ってぶら下げて帰ってきました。
なかなか合理的。持ちやすい。

ブーケが出来上がったら、フィンランドつながりということで吉祥寺のフィンランドドーナッツのお店「アーノルド・ドーナッツ」さんが出来立てのドーナッツを差し入れしてくださって、ティータイム。

       201610031223462fc.jpg

牛乳・卵を使わないドーナッツだそう。
ふっくらしたパンっぽくて、出てきた私のお腹にも優しそう。

大満足のワークショップでした。


category: 未分類

tb: 0   cm: 2

△top

サツキとメイの家 

 

Kちゃん御一家に連れていってもらったのは、愛地球博跡地の公園にある
サツキとメイの家。

20160909100738a6f.jpg


そう、あのトトロの草壁さんち!

20160909101037635.jpg

昭和30年代の家という設定で細かい部分まで作り込んであります。
お母さんが無事に退院してきて、一年後という設定だそう。
お家の中は、撮影禁止ですが、外からは可。

201609091007419bb.jpg

全景

20160909100739ffb.jpg

驚いたことは、ちゃぶ台の小さいこと。
ちゃぶ台を囲む人の距離感ってこんなに近いものだったんだと感じました。
それに必要なものが過不足なくあるようなのに、ものが少ない。
箱に入れられて、きれいに戸棚や押し入れに入っている。
取り散らかった我が家を思い出し、反省しきりです。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

あいちトリエンナーレ 

 

運よくできた3日間のお休み。
佐賀に帰りたかったけれど、急に思い立つと飛行機のチケットは高すぎて、断念。
友達に会う旅とした。

名古屋エリアにいるKちゃんとMさんに会って、おしゃべりするのが旅の目的。
そのついでに「あいちトリエンナーレ2016」も見物しました。
日曜美術館で紹介されて、見たかったのがこちら。

2016090514214877a.jpg


透明感のある空間に咲きこぼれるお花畑!
色の美しさはもちろん、陰りのない空間が非日常でいい。
旅先で出会えた事はその特別感がさらなりで、記憶に美しいもののパッケージとして残るでしょう。
現代美術の展覧会なので、陰も醜さもきつい現実も、そして、私には理解できない事もあります。
ただただ美しさ、心地よさに浸ることはできないのが、いいような残念なような。

これは展示作品の影。
作品自体より影の方がソフトで私好み。

          20160905142310543.jpg




category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。