Montag

暮らし・・・ときどきハンドメイド、ときどきお出かけ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

雪の日のへび(みたい) 

 

11月の雪の日。
ガードレール上に積もる雪、へび🐍みたい。

         2016112815373581e.jpg
スポンサーサイト

category: 暮らし

tb: 0   cm: 0

△top

明治神宮のお庭 

 

小春日和の日、明治神宮のお庭(御苑?)で吟行。
いつも菖蒲を見に行くところですが、季節が変わると全く違った雰囲気になります。
500円払って入るところだから少し人は少なめで、この季節落ち着いた風情が楽しめました。
前日の雨もきれいにあがって、暖かな朝。
明治神宮の森では木肌からもやが立ち上がっていました。

紅葉も半ばくらい?
今日あたりは、あの11月の雪のせいでぐんと進んでいるでしょう。
アニメ「赤毛のアン」の風景みたいな写真も撮れました。

こんなのとか、

      20161126201717f51.jpg

こんなのとか、

      201611262017182ae.jpg

紅葉が入ると日本っぽくなるね。

       20161126202127e0e.jpg

       201611262025164dd.jpg


清正井にも黄葉が散って。

        2016112620212892a.jpg


category: 暮らし

tb: 0   cm: 1

△top

TINTINのカードを額装 

 

叔母の織った鹿島錦のはぎれを額装するために、いざ!世界堂。
聖蹟桜ヶ丘の駅ビルの中の世界堂はゆっくり相談にのってもらえます。

叔母の鹿島錦は、白と金の美しい織物。
手織りで僅かずつしか織ることができない、宝石のような織物です。
それに少し光沢のある深い赤色の布が張られたマット、細い黒縁の額を合わせました。

叔母の家を訪れたお客様と、鹿島錦のお話が弾みますように。

🍀

ついでに私もTINTINのカードを額装しよう。
原宿のshopで、教室に飾るのにピッタリな、やさしく楽しいカードを見つけました。
いくつか似合いそうなマットを合わせてもらって、お気に入りを探します。
出来上がりや部屋の雰囲気を想像しながら選ぶのは楽しい作業です。

生徒たちは、普段は何にも言いませんが、絵を見ているもの。
絵の配置を変えたり、季節の絵が時期遅れになったりすると、
「それは前の位置がいい」とか「夏になったからニガウリの絵を飾れ」とか。
意外とうるさい。
情操教育の一つですね。

出来上がりは、

        20160820150317736.jpg

大きなチョコエッグを抱えたTINTIN。
みんなで開けてみると、春がこぼれ出す。
イースターのカードだそうです。
ストーリーを考えながらカードを組み合わせるのも楽しいこと。

このカード、TINTINのネットショップでも求めることができます。


category: 暮らし

tb: 0   cm: 0

△top

「美の壺」展 

 

「美の壺」展示へ、ちるちゃんとお出かけ。
東陽町の竹中工務店のギャラリーで、放送10周年を記念しての展示です。

ヒンメリ展の時も素敵だったけど、今回もロビーの吹き抜けの演出がいい感じ。
「竹中工務店、センスいいわ~」
私たちに褒めてもらわなくっても、そりゃそうでしょう。

       20160718151518362.jpg

会場入るとすぐに草苅さんからビデオメッセージ。
「美の壺放送開始から10年。私が谷啓さんから引き継いでからも7年経ちました。」
え~っ、谷啓さんは3年しかやってなかったの!
谷さんの「美の壺」、好きだったな。
会場の年表で確認。
確かにそうだわ~。

        20160718151519fe1.jpg

そんなに広くないギャラリーコーナーに昭和モダンなお部屋がつくってある。
洋間と縁側と和室。

        20160718151521005.jpg

        20160718151522169.jpg

モデルとなったお家の間取り図を添えて。
ちるちゃんに「とこちゃんち(実家)の間取り図と同じじゃん。」
私、昭和モダンなうちで育ったってこと?
父母や弟家族は住んでいるってこと?
ちるちゃん曰く「写真の撮りよう」だって。

調度品もその時代のもののようです。
縁の下のには落ち葉や蚊やり、かなり細かいところまで時代考証されているんでしょう。
「すごいね、竹中工務店。ギャラリー展示のためにここまでのお家を作るって。」
「建物つくるのが仕事の人達だからつくちゃうんだ。」

        201607181515242aa.jpg

他にボンボニエールや箱根の寄せ木細工、風呂敷や手ぬぐいの展示がありました。
でもメインはやっぱりお家だね。





category: 暮らし

tb: 0   cm: 0

△top

モエレ沼公園 

 

3月の北海道。
札幌の街は驚くほど快適で、ダウンコートに雪靴姿の私は恥ずかしい(->_<-)
しかしそれは旅の目的地に「モエレ沼公園」があったから。
坂本真綾さんファンのごんが行きたいと・・・。
ファンの聖地だそうです。
聖地でもさすがにあまり人がいない。
30センチくらいの雪の中、1時間半程かかって公園を東西横断。
九州生まれ東京在住アラフィフにはハード過ぎる。

          2016031917210839f.jpg

          2016031917225345b.jpg

category: 暮らし

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。