Montag

暮らし・・・ときどきハンドメイド、ときどきお出かけ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ことりのバッグ 

 

刺繍サークルで府中市の工芸展に出品することになりました。
1点提出が宿題です。
作っていたことりの刺繍が完成し、ワンショルダーのミニバッグに仕立てました。
提出前に慌てて駅のホームで撮影m(._.)m

          201610070911488fa.jpg

やっぱり背景がいまひとつ。



スポンサーサイト

category: ハンドメイド

tb: 0   cm: 0

△top

私のファブリックパネル 

 

Kちゃんと作ったファブリックパネルを教室に飾りました。

      20160930224224f2a.jpg

北欧のメーカー、カウニステの生地。
幅は同じで高さが少し違うパネルを組み合わせました。
お部屋の中が優しい光をまとったようです。

涼しくなって、お花も長く楽しめるようになりました。

       2016093022422639b.jpg

水揚げがうまくいって、日々変える形と色を楽しめるバラです。

category: ハンドメイド

tb: 0   cm: 0

△top

ファブリックパネル製作 

 

Kちゃんも手仕事好き。
何年かぶりに会った二人は、かねてからの打ち合わせ通り
ファブリックパネルを作ることにしました。
「キナリノ」の紹介ページを見ながら、試行錯誤。
サイトの作り方では、土台のボードから組み立てることになっていますが、私たちは世界堂で木製パネルを購入しました。
サイズもいろいろあって、値段も手頃💕
木目が表に透けないように、白い模造紙をサイズに切って重ねました。
後々糊がにじんで来ると嫌なので、かさねるだけ。

カウニステのファブリックとかまわぬの手ぬぐいをパネル化。
手ぬぐいがめちゃくちゃかわいくなった!

    201609151109477e1.jpg

これでてぬぐい半分使用。
もう半分も同じ大きさのパネルにはって、並べてKちゃん宅のリビングを飾ることになりました。

私はカウニステのパネルを教室に飾ろう。
パネル教室できるくらいの出来栄えじゃない?って自画自賛


category: ハンドメイド

tb: 0   cm: 0

△top

1925年の刺繍図案 

 

今日は久しぶりに時間ができて、市民文化祭の出品作品作りです。
1925年にDMCから出された古い図案帳から図案を選びました。
古い古い図案帳。

201608261705349a7.jpg

   

動物や植物モチーフが多くて、デザイン自体は全く古い感じはしません。
私が選んだのは、このページの小鳥。

         2016082617064978e.jpg

縦にしか反映されない(涙)   

フィッシャーのだまし絵みたいだけど、もっとかわいいです。
水色の糸にして、青い鳥がいっぱいのミニバッグにします。

           20160826170606fb5.jpg


category: ハンドメイド

tb: 0   cm: 0

△top

はんこで夏目漱石ふきん 

 

東急ハンズのワークショップに参加しました。
消しゴムはんこ作家の史緒さんのはんこを使って、ふきんを作ります。
会場につくと一番乗り。
材料費税込み300円を支払い、わくわくして待ちます。

はんこは、歴史上の人物・文豪・時代劇(水戸黄門キャラが多い)・現代の芸能人と小さめはんこに大別されていました。
見ているだけでも楽しい。
やや遅れて、日本文学専攻という台湾からの留学生が到着。
彼女は以前にもこのワークショップに参加したことがあり、友達に羨ましがられたとの事で、今回はお友達へのプレゼントだそう。

私は早々に夏目漱石先生一本で行くことに決めましたが、
彼女はお友達の好みを考え悩んでいました。
「新撰組好きだから、幕末で揃えようか?」
「嫌がらせで全面太宰にしようか?」
思わず「太宰だと嫌がらせですか?!」と突っ込んでしまいました。
さすが異国の地で勉学に励むお姉さん、コミュニケーション能力高い!

私の漱石先生ふきん。

      20160507174039e24.jpg

category: ハンドメイド

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。