Montag

暮らし・・・ときどきハンドメイド、ときどきお出かけ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

デロールに行きたい! 

 

デロールの写真絵本のご紹介をした後、
「今はどうなっているの?」と気になって調べてみたら、
デロール復活!
デロールの英語版サイト

流し読みですが、各方面からの支援で復活したよう。
デロールのサイトには、店内に展示してある剥製の写真がアップされています。
それが素敵で、
「シマウマ欲しい!」
「シロクマ欲しい!値段も書いてある。1ユーロは今どれくらいだろ?」
と叫んでいると、
「買える買えないじゃなくて、置ける置けないでしょ!」
と娘に言われ、
「シマリスだったらいいかな~」
と言った後にはあきれられました。

デロール行きたい!
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

額装しました 

 

娘が、
お手洗いをお借りした画廊の女主人の方と仲良くなりました。
幼稚園の頃です。
ちょうどピアノのレッスンへの通い道にあった小さな画廊。
版画やリトグラフを中心に扱っていらっしゃいました。
(その後閉めてしまわれましたが)
娘曰く「おばちゃん」からもらってきた雑誌の付録がこれ。

20091229141309

美術雑誌で毎号リトグラフの小品が付録で付いているという事でした。
もらったのは、北川健次さんのリトグラフが付録だった号。
「切り取って、額装したらよくなるわよ~」と。
アイリスの花弁に絡め取られる男、と少し頭をかしげたくなりますが・・・。
900円の額+250円のマットにしては、なかなかシックにまとまったかな、と自画自賛です。

もう一つ額装したのは、息子の絵。
息子の絵はとても力強いのですが、狭い部屋に飾ると圧迫されるようで・・・。
とりあえず額装。

20091229141413.jpg



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

「12人の怒れる男たち」 

 

昨夜、こども劇場の活動に携わる知人に誘われて、中2の娘とお芝居を見に行きました。


20091227151649



東京芸術座による「12人の怒れる男たち」です。
華やかなお芝居ではありませんし、殺人事件の真相を探ると言っても推理が主眼でもないようです。
12人の陪審員が、スラムで起きた殺人事件について議論します。

私の心に残ったのは、12人の男たちの会話が日常的な浅い会話から
自分の価値観をぶつけ合う会話へと移行していく様でした。
理性的な人ばかりではありません。
始めは「さっさと終わらせてしまおう」的な空気に支配されていましたが、
人の命に関わっていることの重さに一人また一人と気付いていきます。

この議論を見て感じたのは、
誰しも自らは気付かずに偏見や思いこみにとらわれていること、
しかし言葉にすることでそれを検討できること。
それだけに言葉の力は大切だし、言葉の乏しさがいかに惨めなことかを感じました。

議論の間、12人はお互いを裁判所からふられた番号で呼び合いますが、
議論が終わり登場人物達が退場して、最後に残った二人が
「あなた、お名前は?」
「○○です。」
「私は●●です。」
と名乗り合います。
名前の意味を象徴的に表す印象的な場面でした。

子ども劇場が作られた空色のリーフレットには、裁判員制度と関連づけての説明がありました。
しかし制度的な事以上に、
他人の人生に関わることの重さと言葉の力を感じたお芝居でした。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

花いんげん、大きい! 

 

花いんげんの缶詰を開けました。

20091221191340


大きい!1個4㎝くらいはありそうです。
味は、シロップが少し水っぽい感じ。
でもその薄味が中までしみています。
豆の味が残る程度の甘さです。

category: 暮らし

tb: 0   cm: 0

△top

やっとクリスマス 

 

なかなかクリスマスの飾りつけもできずにいましたが、
やっと今日、額だけは替えました。

20091220175747


4~5年前に刺したもので、
『スウェーデンのクロスステッチ』の図案です。
糸はデンマーク花糸の97番だったかな?86番も似たような色?
97番は大好きな色です。
少し大きくすると、

20091220175754.jpg

刺し始めるとどんどん絵ができていって楽しいのですが、
始めに周りをかがるのと中心決めが面倒で・・・。
最近刺せていないです。
刺繍のように短時間何かに没頭することが、私のストレス解消法なのに。




category: ハンドメイド

tb: 0   cm: 0

△top

『好奇心の部屋 デロール』 

 

欲しいものついでに。
これも欲しい!

好奇心の部屋デロール (たくさんのふしぎ傑作集)好奇心の部屋デロール (たくさんのふしぎ傑作集)
(2008/11)
今森 光彦

商品詳細を見る


パリにある博物商のお店 デロールの様子を絵本にしたものです。
昆虫の写真で著名な今森光彦さんの本。

博物商というとあまり聞き慣れないお商売ですが、剥製等を売っています。
お店というよりは博物館、でも博物館より剥製達と近しい感じ。
社会的な役割を担っているんだという強烈な自負を持っているお店せではないかしら。
またこのお店にある剥製は、陳列品っぽくなくて、生きていたときの一瞬が凝固したかのようで魅力的です。

たまたま本屋さんで見つけました。
絵本だからすぐに読んでしまえたのですが、
「まだ写真の中に何か隠れていそう」という気分で、「やっぱり、欲しい」。

ところでこの本の最後のページには
「店内の様子は撮影当時のものです」のような但し書きがありました。
娘と「今は違うって言いたげだよね~」とネットで調べたら、
2008年2月にデロールは炎上したそう。
ショックでした。
デロールを以前から知っていたわけでもないのに、娘共々絶句してしまいました。

そんな気持ちにさせてしまう本です。

category: 絵本

tb: 0   cm: 0

△top

花いんげん…可愛いすぎて 

 

お歳暮に
花いんげんの缶詰をいただきました。

20091218211205


でも、この缶の豆達、あまりにキュート!
可愛すぎて食べられないでいます。
箱を手がかりに調べたら、群馬県の特産品のお店で売られていました。

からっ風.com

このお店には、ちょっと気になるものが他にも。
入浴中に地震に遭ったときのための「すっぽんぽんnon」とか、
かかと用ジェルローション「マダムエイコ」とか。
ネーミングにもグッときますが、
「マダムエイコ」には、ピカピカツルツルの足の写真が!
欲しいな~。




category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

「でこぼこ工房」さんのどうぶつロボシリーズ 

 

数日前から息子がどうぶつロボにはまっています。
下の写真がそれ。

20091215125149


20091215125142


小6の息子が年少の時に、購入しました。
刻み目のある木のパーツが、ゴムひもでつながっています。
ゴムひもを刻み目に様々に咬ませることで、木のパーツは縦に横に形を変えていきます。
ゴムに引っ張られた木のパーツが「カチッカチッ」と音を立てながら形を作る感触は、大人でも楽しいものです。
バラバラの積み木とはまた違うおもしろさがあります。
積み木はできあがりの形をイメージして、それに向かって作り上げる感じですが、
このロボシリーズは、想定外の形ができておもしろいです。
また、驚くことに10年近くになるのに、ゴムひもがまだゆるんでいないのです!

写真上は、きりんロボの基本的な姿。
写真下は、ゾウロボとカニロボを組み合わせて「さそり」だそうです。

「子どもたちも大きくなったからしまおう」と思いながら、
時々思い出したように引っ張り出すのでずっとリビングに置いたまま。
「思い出したように遊んで、その時もまた楽しい」おもちゃは、素敵なおもちゃですよね。

でこぼこ工房」さんが製作・販売していらっしゃいます。
詳しくは「でこぼこ工房」さんのHPへ。
小さなお子さんへのクリスマスプレゼントにいかがですか?

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

スウィングキッズ 

 

数日前、娘が
「通学路に小学校があるでしょう。
 最近そこのブラスバンドが毎朝朝練やっているの。
 でも、どの曲も小学生らしからぬジャズばっかりでさ~。
 I Got Rhythm とか、フレッド・アステアが歌ってそうな曲とか。」
と言い出しました。
(アステアを持ち出す所が妙な中学生ですが。)

その夜、新聞を見ていると
「スウィングキッズ 大舞台へ 府中第四小のビッグバンド 浅草ジャズコン本選進出」の見出し
(記事へリンクします。)
記事を読むと、娘の話の学校ではないか?と。
娘に見せて、学校のHPで場所を確認。
そうでした!

記事によると
  「浅草ジャズコンとは国内有数のジャズコンテスト。
  小学生バンドが本選出場の10組に選ばれるのは快挙!」
らしいです。

ところでなぜ中学生の娘が
「フレッド・アステアが歌っていそうな曲」なんて表現をするのか。
私がアステア好きで、ビデオを持っていることもあります。
しかし、彼女は学校の課題としてCDを聞き込んだのです。

中1のとき、
「英語だったらCDでも映画でも基礎英語でもいいから視聴したら、15分1ポイント」で家庭学習が課されました。
ということで、聞き取り訓練として聞き込みました。
それが以下のCD。

まずはアステア

Fred Astaire's Finest HourFred Astaire's Finest Hour
(2003/08/19)
Fred Astaire

商品詳細を見る



アステアの曲をメル・トーメが歌ったもの。

フレッド・アステアを唄う(K2HD/紙ジャケット仕様)フレッド・アステアを唄う(K2HD/紙ジャケット仕様)
(2007/06/21)
メル・トーメ

商品詳細を見る


フランク・シナトラもアステアが歌った曲を歌っています。

Come Dance with Me!Come Dance with Me!
(1998/05/26)
Frank Sinatra

商品詳細を見る


どれも歌詞が聞き取りやすくてよかったそうです。
同じ曲を聞き比べると、おもしろいと言っていました。

ほかに聞き取り訓練用として
ディズニーのプリンセスコレクションも新たに購入しました。

Princess CollectionPrincess Collection
(2001/07/18)
Disney

商品詳細を見る









category: おすすめ教材

tb: 0   cm: 0

△top

シャコバサボテン 

 

20091208162536

塾に置いているシャコバサボテンが満開です。

数年前、デパートのお花屋さんの隅に満開で置かれていました。
今が盛りと咲き誇っているのに、処分品の札を立てられて。

店員さんに
「このまま売れなかったら、どうなるの?」
と聞いたら、
「処分します」と。

それで買って来たのですが、可愛がっているのは夫。

こんなに花を付けたのは今年初めてです!

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

動物俳句かるた 

 

先日ご紹介した「動物俳句かるた」が届きました!
ちょっとピンボケだけど。

20091205225831.jpg


こちらは30年前に持っていたものの姉妹版。
初めて手にしました。
早速息子と二人でかるた取り。
(二人だとおもしろくないけど。)
一度やっただけで、印象的な俳句は覚えてしまいますね。

「万人向けの教材は無い」と思っていますが、これはホントにオススメ。
俳句かるたのHPでは、申し込んできた人のお便りも紹介されています。
私と同じように以前持っていた方の他に、少なからぬ人が「『脳と音読』という本で知りました」と書いておられます。
これかな?
今度読んでみようと思います。

脳と音読 (講談社現代新書)脳と音読 (講談社現代新書)
(2004/05/21)
川島 隆太安達 忠夫

商品詳細を見る

2000円+送料でした。
申込みはこちらから

category: おすすめ教材

tb: 0   cm: 0

△top

サンタさんのパン 

 

20091205180146

弟・妹の所へ送るクリスマスのお菓子を買いに行きました。
うちの子たちも欲しいかなと思ったけれど、進物用はもったいない。

アンデルセンの前を通りかかると、クリスマスのパンがいっぱい!
サンタさんのパン、かわいいでしょ

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。