Montag

暮らし・・・ときどきハンドメイド、ときどきお出かけ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

がんばれ! 

 

12649435514a.jpg

明日は2月1日。
教え子の中にも、中学受験に挑戦する子たちがいます。
健闘を祈って、
新潟の「三角だるま」を飾りました。
起き上がりこぼしになっていて、縁起物だそうです。

子どもたちには、ダルマのハンカチを渡しました。
濱文様さんでピッタリのものが見つかりました。
力が発揮できますように。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

私の酒バック 

 

DECO_4472000010963001037.jpg


地元のお酒関連でもう一つ。
夏になると使っているトートバッグです。
元々は酒屋の叔母が、販促で造り酒屋さんからもらったもの。
もう随分前のもので、叔母が車の道具入れに使っていたのをもらって、
たわしで洗ったら、キレイになりました!
「こんなものが欲しいの?」と叔母はあきれ顔でしたが。

「虎之児」も地元のお酒です。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

佐賀のお酒「鍋島」 

 

高校の同窓会での話です。

友人「鍋島ってお酒知っと~?」
 (「鍋島ってお酒知ってる?」)
私 「いんにゃ、知らん。」  
  (「ううん、知らない。」) 
友人「おいしかて~。」    
  (「美味しいのよ~。」)
私 「なん、この頃のお酒?」 
  (「え~、最近できたお酒?」) 
友人「う~ん、ここ3~4年らしか。帰えっぎ、一遍飲んでん。」  
  (「うん、出来て3~4年らしいよ。実家に帰ったら一度飲んでみて!」)

高校の同窓会なので、みんな東京近郊で暮らしていても、集まれば佐賀弁で話します。

ふるさとは、造り酒屋が密集している地域。
甘口ですが、べたべた甘くなく、すっと入るお酒が多いです。
同級生もみんなお酒が強いし、地元のお酒には詳しい。
「この人たちがそんなにオススメなら、帰ったらね。」と思っていたのですが、
よく考えたら、今は東京にいてもネットで手に入る時代。
検索してみると、うちの塾の近所で売っている~!
びっくり
早速昨日仕事帰りに買ってきました。
(1升瓶を抱えて、混雑する電車に乗るのは恥ずかしかったので四合瓶)

DECO_4474000010966001034.jpg


帰ってきた夫に見せると、
「私も注文した。」
夫は、酒屋を見つけられず、仕方なくその店のネットショップで注文したそう。
オレンジラベルは、夫が注文した「鍋島」。
むらさきラベルは、私が買った「裏鍋島」。
鏡みたい!
同級生、ウソつかな~い。
美味しかった!
味のボキャブラリーが貧困で、申し訳ないのですが、本当にすっとのどに入るの。
胸に届く前に、抵抗なく吸収されてしまう感じ。

お店には色々な「鍋島」がありました。
杉並永福町の「ヤマザキヤ」さんです。
でもこのお店、確かにわかりづらかったです。
1Fの別のお店の中を通って、地階の酒屋に降りていく感じで、とまどいました。

私たちは冷やしていただきましたが、
実家では、お酒はお燗して頂くことが多いです。
お客さんの多い家だったので、酒器も祖父が好きだった根引松が何十と揃えられていました。
私も持っています。
古くからの定番デザインらしいのですが、
飽きが来ず、さわやかにお酒がいただけます。
有田の大樽陶山堂でも扱っています。
(商品説明には直火OKとあります。
 実家では、燗つけで温めて移していましたが。)



DECO_4473000010964001036.jpg

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

「ちりとてちん」のテーマ曲楽譜 

 

アマゾンさんから宣伝メール(って言うのかな?)の中に、
朝ドラ「ちりとてちん」のテーマ曲の楽譜がありました。
あのテーマ曲好きでした。

松下奈緒 フォト&スコアブック Dolce松下奈緒 フォト&スコアブック Dolce
(2007/10/12)
大橋 恵

商品詳細を見る


以前に松下奈緒さんの出演する「チェスト!」という映画のDVDを買ったので、
メールが来たのでしょう。
(「チェスト!」いいです
でも、これ写真集と楽譜とセットってなに?
熱烈なファンは両方欲しいと思いますが、
楽譜が欲しい人と、写真集が欲しい人は違う気がする。
別々に売って欲しいな~、ヤマハさん!

category: 未分類

tb: 1   cm: 0

△top

幸せな記憶・・・小林美智子氏「母親学」の記事より 

 

1月20日の産経新聞に、活水女子大学の小林美智子先生の文章が掲載されていました。
(前から知っている風な口ぶりですが、この記事で初めて存じ上げました
「母親学」と題された3回の記事の3回目。
3回のうち、一番身近に感じられた内容でした。
小林先生自身の、お子さん達との幸せな記憶が綴られています。

心が温かくなるようなお子さんの幼児期の思い出。
そして、
絵本を読んできてよかったなと思ったのは子どもが思春期の頃
と書かれています。
私が下手な要約をするより、読んで頂いた方がいいかも。
小林先生が子育て最中の母親達に「大丈夫よ」と応援してくれているような記事です。
ネットでも読めます。
こちらからどうぞ。

記事では、絵本を通して親子で共有している記憶について書かれていますが、
必ずしも絵本でなくてもいいと思います。
外遊びの好きな子もいるでしょうし、
電車の好きな子もいるでしょう。
好きなことをめぐる共有の記憶って、親子それぞれの心の貯金かも。
ずっと前にまいておいた会話の種って感じ?
うちの場合何かな~?
うちもやっぱり絵本かな。
「ハッチポッチステーション」も案外そうかも。
いまだに息子はハッチポッチのギャグを楽しそうに繰り返しています


category: 暮らし

tb: 0   cm: 0

△top

給食時間(中学) 

 

ブログを通して最近やりとりさせて頂いているflit*さんと
女子中学生の話は、聞いていておもしろいよね、という話に。
そういう時期だと思いますが、彼女たちは周りをよく観察しています。
よく娘の話を聞いては大笑いして、「記録しておきたいな」と思うのですが、
個人情報満載なのでここでご紹介できないのは残念です。

これくらいはいいかな~。
昨日の給食時間。
メニューはセルフハンバーガー。
切れ目が入ったバーガー用のパンと挟む具材がいつも別に出てくるそうです。
ところが、昨日のパンには切れ目が入っていない。
娘は、パンを両手でくるくる回して確かめたそう。
そうしていると、隣から
周り見て!みんな揃ってパンくるくる回してる
娘の中学では、1・2年生揃って食堂で給食です。
240人がパンをくるくるしているところ、私も見たかったな~

給食と言えば、今日美容院でおもしろそうな絵本を教えてもらいました。
担当のカツマタさん、お嬢さんのクラスの読み聞かせで今度読むそうです。
「絵が強烈!」「文章が博多弁と標準語で書かれてる」と気になる~。

給食番長 (cub label)給食番長 (cub label)
(2007/06)
よしなが こうたく

商品詳細を見る


確かに強烈・・・。
Ehon Naviには詳しい説明ありました。
カツマタさんは、「博多弁で読んだらおもしろそうだけど、関東の人間には無理なんですよね。」
私は隣県の出身ですが、
「博多弁とは、ちょっと違うとさね~。」
関東の人には同じに聞こえますよね。


category: 暮らし

tb: 0   cm: 0

△top

Kipperのフラッシュカード 

 

息子ももうすぐ小学校卒業です。
娘と比べると、習い事もさせてないな~。
英語もそうです。
娘は「やってみたい」というので、小学2年生の頃からお友達と二人で個人の先生にレッスンをお願いしていました。
基本的に申請制の我が家
言い出さなければ、勧めることもない。
息子は言わなかった。
それ以上に、彼にはきちんとした日本語をまずは話せるようになって欲しかったからです。

しかしいよいよ中学生。
「このままではアルファベットの段階でつまずくかもしれない」とさすがに心配になってきました。
娘のごんちゃんは、家でも「Longman Children's Picture Dictionary with CDs: With Songs and Chants」を使って、
思えばかなり鍛えたのかも。

このピクチャーディクショナリーは、単語をとても歌いやすい歌詞にまとめてありました。
今でもCDをかけると、親子で歌えます。
私は、「Weather Song」が好きだったな~。
(夫は「あなた、ごんちゃんで飽きたんだよ」と言いますが。)

とりあえずうちにあったKipperのカードを広げて、かるた取りの要領で英語始めました。

Kipper FlashcardsKipper Flashcards
(2000/11/16)
Mick Inkpen

商品詳細を見る


「続けなきゃだめだよ」と夫は言います。
そうです。息子と頑張ります。





category: おすすめ教材

tb: 0   cm: 0

△top

鏡開き 

 

今日は、鏡開きですね。
我が家でもこの日を待ちに待っていたのですが、先週土曜どうしても待ちきれず・・・。

と言うのも、今年は私の実家からお鏡が久しぶりに送られてきました。
大きなお鏡と子どもたちそれぞれに勉強机用の小さな重ねです。
うちの子どもたちは勉強机を持たず、
二月堂と言われる写経用の机を使っているので、
大きなお鏡の両側に小さな重ねも飾っていました。

でも実家とは違い、我が家は高温多湿のマンション住まい。
あっという間にカビ!が生えてしまって。
カビは表面だけでなく深く浸透していくと聞いていますから、
日々「どうしよう、11日まで持つかな~。」と眺めていましたが、待てなくて。
一応三宝だけは置いておこうと、今日まで空の三宝を飾っておきました。
やっとしまえる

ところで実家には家中に色々な神様がいました。
鏡餅の他にも勉強机にちいさなお重ね。
(調べてみると天神様へのお供えらしい。)
台所には荒神様。
正確には、土間にあるかまど上に荒神様の神棚はありました。
荒神様は、とても個性的な神様。
欲張りでケチだそう。
だから荒神様のお餅は、形よりも量。
丸餅ではなくて、なまこのような形。
snap_montagbag_201011142013.jpg
こんな形のお餅なんて売っていないから、つくしかないんですよね。
実際丸餅より量があるかどうかは疑問ですが。
このお餅は、その家の娘に食べさせてはいけません。
荒神様は欲張りなので、このお餅を食べた娘を手放さなくなり、お嫁に行けなくなると言われました。

旧正月は、恵比寿様がメインだったかな~?
神様ごとに用意するお餅も時期も違っていたからおもしろいですよね。



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

「ひみつのもり」 

 

カズノ・コハラさんの翻訳は、光村教育図書から出ていました。
同じ光村から素敵な絵本を1冊ご紹介。

ひみつのもりひみつのもり
(2006/06)
ジーニー ベイカー

商品詳細を見る


ストーリーを読ませる絵本ではありません。
コラージュで仕上げられたという絵が素晴らしいのです。
「ひみつのもり」とは、タスマニアの海のジャイアント・ケルプの森のこと。
このジャイアント・ケルプの森の様子が、本物の海藻や海綿・砂をも使って表現されています。
海の中の様子はとても画面に奥行きがあり、どんな手法で作り込まれているのかと興味をそそられます。
本当にフラットな画面なのかな?とも思われます。
下の写真は見返しの絵。
まるで宝石箱のようです。

20100109213722.jpg


巻末に、訳者のさくまゆみこさんの説明があります。
タスマニアのジャイアント・ケルプの森は、陸上の森と同じように多くの動植物を育んでいるが、
また同様に、急速に減少しているとのことです。
読者は、この絵本を通して、
「ひみつのもり」の美しさ・豊かさに心奪われ、
後書きの説明で、
そのはかなさを知ることになります。

遠い国で起こっている変化ですが、
訳者は、「わたしたちとも大いに関係があります」と言います。
「私たちにもすべきことがあるのよ、何かしら?」と問いかけているのでしょうね。




category: 絵本

tb: 0   cm: 0

△top

あすとろカルタ 

 

「おすすめ教材」と言えるのか?
「笑える教材」ではないのか?
自問自答しています。

お正月は、子どもたちも大きくなったと言うのに「動物俳句かるた」で楽しみました。
その時、去年は「あすとろカルタ」で遊んでいたという話になり、思い出した笑えるカルタ。
もらったのは、文科省か国立天文台のお祭りか、はっきりしません。
(三鷹の国立天文台も近所なので、秋のお祭りには遊びに行きます。)

どこが「笑える」のか、というと・・・
まずは素人っぽい、気の抜けた取り札のイラストです。
上手下手という基準を超えています!
とても印象的です。
取り札のうらには、美しい天文写真とわかりやすい説明が添えられています。
でも表の絵に完全に食われてしまっている感があります。

読み札の方も、実は深く考えられている言葉ですが、知識のない者にとってはただただ笑えます。
例えば、
「目につかぬ ダークが支配 我が宇宙」!?
これに対応する取り札の裏には、
宇宙にある未だ正体不明のエネルギー、ダークマターとダークエネルギーの説明。

「へびつかい おうしオリオン カメレオン」
「むらむらで 宇宙の初期が 見えてくる」
「寄り目より 離れ目で見よ 干渉計」

取り札の裏を見れば説明があるのですが、
「何だろう?調べてみよう!」という気持ちを吹き飛ばす程のとぼけた味の言葉と絵です。

実際に「あすとろカルタ」を手にされた方が、ブログで私と同じような感想を綴られていました。
子どもたちと「そうそう!」と拍手してしまいました。

今も配布されているのか、どこでもらえるのかは分かりませんが、
「天文学とプラネタリウム」というサイトでダウンロード出来るようです。
取り札の裏まで読めば、きっといい教材だと思います。
でもテストに役立つかと言えば、「大学入試でさえ問われないのでは」というレベルの知識だと思います。




category: おすすめ教材

tb: 0   cm: 0

△top

PCIの福袋 

 

注文しておいたPCIの福袋が届きました!

娘のものです。

20100106155706


子供服とレディースのとても素敵な洋服屋さん。

入っていたのは、
襟が大きくてドルマンスリーブの黒カーディガン
シルク混のノースリーブ(肌触りがらしい)
麻のパンツ
貝っぽい感じのピアス
巾着
マスコット

全身コーディネートしてくださったようです。
パンツとノースリーブはピッタリ!
悩んでいるのは、カーディガンの着こなし。
ボタンの開け閉めで、人それぞれの着こなしが出来る服のようです。
HPの写真では、お姉さんが素敵に着こなしている。
しかし14歳の娘は、同じような感じに着こなすのは無理。
生地はとても気持ちがいいのだけれど。
商品説明には「若い女の子が着てもかわいい」と書いてあるし、試行錯誤してみればいいかな。

ピアスはこちら。

20100106160338.jpg

娘は、銀の細いチェーンを買ってきてネックレスにすると言っています。
「2つも出来るよ~」と喜んでいます。


category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

DS「エレメントハンター」 

 

明日は、息子の誕生日。
クリスマスとお誕生日には、欲しいものを買ってあげます。
最近は、やはりゲームソフトのリクエストが多いです。
我が家では1日ゲーム15分・パソコン15分なので、
リクエストした2本と特例の「レイトン教授」シリーズで1年十分遊べます。

今年は、クリスマスのリクエストが「イナズマイレブン2」。
これはすんなり手に入りました。

イナズマイレブン2~脅威の侵略者~ ファイアイナズマイレブン2~脅威の侵略者~ ファイア
(2009/10/01)
Nintendo DS

商品詳細を見る


テレビでも派手にCMが流れていましたしね。

誕生日のリクエストが「エレメントハンター」
NHK教育で放送されているアニメを元にしたゲームのようです。

アニメは、元素の消失が起こり、それをくい止めるためにエレメントハンターたちが活躍する話だと思います。
ただちょっと私が嫌なのは、
「これを見ていると、元素が覚えられるよ!」みたいな下心が見える所。
アニメはアニメで楽しければいいじゃない、と思っていますから。
でも息子は、制作者の意図にすっぽりはまり、
「すいへいりーべ、ぼくのふね♪~」と歌っています。

エレメントハンターエレメントハンター
(2009/10/22)
Nintendo DS

商品詳細を見る

しかし「いいよ~」と安請け合いしたのに、ゲームソフトがどこにもない
アマゾンさん等ネットで探してもない。
困ったときの伊勢丹で、メーカーに問い合わせてもらったけど、
「入荷のめどがたたないので、予約をお受けすることもできないんです~」と。
安請け合いした母は焦りました。
「遊びながら元素の勉強ができる!」という謳い文句が、世の母たちの心を掴んだのか?)

偶然、TSUTAYAの在庫がわかるページに行き着き、一番近くを検索したら、ありました
その時夕方6時。
TSUTAYAに確認の電話をして、取り置きは出来ないそうなのですぐに行きました。
でもその電話で、あとから考えると笑えることをTSUTAYAさん相手に言ってしまった。
HPの営業時間を見ながら、
「夜もお店開けていらっしゃるんですね!今からでもいいですか?」
それに応えて、
「はい、深夜1時まで営業しております。よろしくお願い致します。」と
TSUTAYAさんは、愛想よく言ってくれた。





category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

「おばけやしきにおひっこし」~メルヘンハウスさんのおたよりより 

 

以前、Kazuno Kohara さんの絵本を2冊ご紹介しました。
「JACK FROST」 と 「Ghosts in the House!」 

どちらも翻訳が出てた!

ふゆのようせいジャック・フロストふゆのようせいジャック・フロスト
(2009/12)
カズノ コハラ

商品詳細を見る


おばけやしきにおひっこしおばけやしきにおひっこし
(2009/10)
カズノ コハラ

商品詳細を見る


我が家では、子どもたちが小さいときから、
名古屋のメルヘンハウスさんのブッククラブに入っています。
月に1度、子どもの本の専門店であるメルヘンハウスさんがセレクトされた本が届きます。
傾向が偏ってしまいがちな本選びですが、
こうして子どもの本をたくさん読まれている方に紹介して頂くと、新たな発見があります。
例えば、「バムケロ」シリーズなんて、絶対自分では手に取らなかったであろう本。
ブッククラブでの配本をきっかけにはまりました!
毎月の本と一緒に、新刊の紹介や絵本論などが満載のお便りが入ってきます。
このお便りで「おやしきにおひっこし」が紹介されていました。

アマゾンさんも便利でいいのですが、
「子どもに良質な本を届けたい」という志のある本屋さんは大切だなと思います。

現在我が家では、「ヤングアダルト」コースに入っています。
子どもたちも随分好みがはっきりしてきました。
娘が読まずに「積ん読」だった本を、息子が引っ張り出して読んでいることが最近よくあります。
本って、まずは置いておくものですね。

category: 絵本

tb: 0   cm: 0

△top

冬休みの教材 

 

明けましておめでとうございます。
今年もよい年となりますように。


さて、教材をしばらくご紹介していませんね。
基本的に実際使ってみて、子どもたちの様子を確認してからしか書かないことにしています。
使い始めて
「この設問は曖昧でしょう~」と思うこともあります。
国語の文法などは、子どもたちが別の答えを見出すこともあります。

私の教室に通っているのは、もちろん中学受験する子もいますが、多くは高校受験でがんばりたい子達です。
小学生の今、深夜まで勉強することはしません。
(まずは身体作り!)
漢字テストの準備と集中すれば30分以内に終わる宿題をこなすだけです。
このような「敢えて中学受験しない」子たちを、
「トップ校は無理だけど、中堅校なら中学受験しても合格するよ」というレベルにまで引き上げておくと、
高校受験に向けて弾みと自信をつけられると思っています。
ですからこの時期、受験する子と同じように入試演習に取り組ませています。
(冬休みは、冬期講習用の塾向けテキストを、中学国語担当の先生と頑張っていますが。)

さて、話題が逸れました。
今年はいい感じに6年生が仕上がってきているので、ちょっと自慢です

そんな「敢えて中学受験しない子」たちへ

中学入試 カリスマ先生の合格授業 日本の歴史〈上〉旧石器~安土桃山時代中学入試 カリスマ先生の合格授業 日本の歴史〈上〉旧石器~安土桃山時代
(2008/07)
松本 亘正

商品詳細を見る


「中学入試」向けと限定するのはもったいない!
説明の口調そのままの文体です。
ポイントがとても解りやすくまとめられています。
また歴史用語が「そう言うもんなんだ」ではなく、
ていねいに説明されているところがいいなと思います。
中2の娘は、少し読んで「サクサク読めるよね。気持ちいいよ。」と。
歴史に苦手意識を持つ、公立の中学生も定期テスト対策にピッタリだと思います。
(下巻もあります。)


教室向けではなく、我が娘に「冬休み、これ1冊ね」と渡したのがこれ。
まだ学校の宿題が終わらず、手つかず。
(だから子どもの様子は確認できていませんが・・・。)

未来を切り開く学力シリーズ 本多式 中学英語マスター 速読長文未来を切り開く学力シリーズ 本多式 中学英語マスター 速読長文
(2004/11/25)
本多 敏幸

商品詳細を見る









category: おすすめ教材

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。