Montag

暮らし・・・ときどきハンドメイド、ときどきお出かけ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

チチヤス~生姜いれました と 「あずきちゃん」 

 

美味しかったです!




生姜とレモンが入っている。
生姜より、レモンのさわやかな味がします。

TVを観ながら、書いています。
今、懐かしい「あずきちゃん」が教育テレビで放送されています。
子どもが小さい頃、一緒に見ていました。
小学校高学年の女の子の小さな迷いや日常の喜びがよく描写されていると思います。

終わりの歌も好きでした。
(今放送しているのは、違う歌だ 残念!)
今も好きな一節を覚えています。

「さあ 歩こう
 夢は いつも
 先で 待ってる」
スポンサーサイト

category: 暮らし

tb: 0   cm: 0

△top

はちのこの子どもたちが選んだ布 

 

毎年この時期になると、はちのこ保育園を卒園する子どもたちへのプレゼントの用意を始めます。

はちのこ保育園は息子がお世話になった保育園。
一学年5~6人程度の小さな保育園です。
息子は、この保育園でゆっくり、のんびり育ちました。
園舎は今時の保育園ではありません。
でもほとんど毎日、近くの公園をあちこち移動するので、設備が整っている必要はないようです。
野川公園や府中の森公園(ワゴン車で移動)が近く、公園には恵まれた環境です。
ICUやアメリカンスクールが近いため、そこにお勤めの保護者も多く、少人数ながら国際色豊です。

卒園する子どもたちに手持ちの布から選んでもらい、それでレッスンバッグを作ります。
子どもたちは、布選びが大好き。
でも、迷いはないです。
あっという間に「ぼく、これ」「私はこれ」と決めてしまいます。
「まだ全部出してないよ~。他のも見たら?」と言っても、決心は揺るがない。
今年の子たちが選んだのがこれ。





ハロウィンのかぼちゃ柄を選んだ子がいました。
「これでいいの?」
「うん!」
「底に他の布を少しつけて、破れないようにしていい?」
「うん!」

う~ん、どんな風につくろう?

category: ハンドメイド

tb: 0   cm: 0

△top

クレイジー*フォー*ユー 

 

娘と劇団四季の「クレイジー・フォー・ユー」を観に行きました。
初演の時以来。
普段はあまりねだることのない娘が、「観に行きたい」というので、
「ちょっと贅沢しようか!」ということに。

(我が家のレジャーは、典型的な安・近・短。たいがい博物館・美術館・公園です。
 子どもたちも好みが出てきて、
 例えば、新国立美術館は「外見はキレイだけど、中は倉庫みたいで嫌い」と言います。
 何を見ているんだか?)




プログラムを見ていると、初演は17年前だそう。
そんなに経ったのか~
その時も楽しくて、楽しくて、2度観に行きました。
今でも印象に残っているのは、最初に観に行ったとき。
劇中のナンバーに合わせ、波のように客席からも手拍子が起こり、劇場全体がスウィングしているようでした。
大好きなお芝居です。
今日も華やかで、ウキウキするような音楽がいっぱいでした。
娘は初めてですが、17年前に買ったブロードウェー版のCDをよく聴いているので、耳慣れたナンバーばかりです。

ひとつだけ不満を言えば、
以前は日生劇場だったのですが、今回は浜松町の四季劇場。
日生劇場の方が好きです。
広々とした大理石のホール、赤い絨毯、大きな階段。
本当に非日常の空間で、劇場らしい劇場。
頑張っておしゃれしようか、という気になります。
舞台も見やすいような気がする。
私だけかな~?


category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

ティッシュケース 

 

ハギレを利用して、ティッシュケースを作りました。
こちらで作り方を見せて頂きました。




布を折り紙のように折って、直線縫い。
簡単ですよ!
でも、ティッシュケースって、しばらくは一つで十分なんですよね。
作るの楽しいけど、作ったらどうしよ




category: ハンドメイド

tb: 0   cm: 4

△top

ピアノ曲集 赤毛のアン 

 




バンクーバー・オリンピック、毎日熱戦が続き、ワクワクして見ています。
カナダといえば、「赤毛のアン」!
(カナダの皆さんに申し訳ないほどの貧弱な連想ですが・・・。)

この古ぼけた楽譜は、私が中学生の頃に使っていたもの。
今は娘が使っています。
調べてみたら、現在品切れ中で、手に入れることは難しいようです。

最近、再放送を子どもたちと観ていると、心地よいメロディーが懐かしくて。
作曲は三善晃さんと毛利蔵人さんで、
今、子ども向けのアニメに、こんな贅沢な音楽はないのでは?と思います。






category: 暮らし

tb: 0   cm: 0

△top

お買い物・・・豆、マメ、まめ 

 

ブリングルさんのブログで、
「打ち豆」なるものを使ったお料理がアップされていました。
「打ち豆って何?」

打ち豆とは、福井の特産で、大豆をつぶして乾燥させたものらしい。
つぶしてあるのですぐに柔らかくなるそうで、使いやすそう。
「越前地粉屋本舗」さんに注文したら、すぐに届けてくれました。
200グラムで税込462円。

DECO_44530000109350010650001.jpg


一緒に豆茶も注文。
越前豆茶とメリンジョ茶です。
メリンジョ茶は、インドネシアの豆で作られていて、ポリフェノールがワインと同じくらい入っているそう。
香ばしい大豆系の味がしました。
急須で煎れられて、味も飲みやすかったです。

category: 暮らし

tb: 0   cm: 0

△top

虹のリズム 

 

お気に入りのBGMです。

虹のリズム/平吉毅州虹のリズム/平吉毅州
(1998/03/21)
教材用(ピアノ)

商品詳細を見る


ピアノお稽古用の曲集で、確かに「いかにも」の曲もありますが、
「夏の夜のハバネラ」がどこか物憂げ、でも透明感があって大好きです。
カルメンのハバネラしか知らない私の「ハバネラ」イメージを裏切ってくれました。


子どもの頃、夏になると、実家の庭には水銀灯が灯されました。
青みがかった光が、暗い部屋の中にも差し込みました。
そんな情景が思い出される曲です。





category: 暮らし

tb: 0   cm: 2

△top

鬼太郎のブックカバー 

 

来月からの朝ドラで調布が舞台となるとあって、調布はちょっと水木先生ブーム。
市内の真光書店では、
鬼太郎のイラスト入りのブックカバーが登場
新しもの好きだから、行ってきました

DECO_4450000010930001070.jpg


単行本用は、いつものカバーに窓がついて、水木先生を囲む鬼太郎たち。
文庫用は、単行本用と同じデザインに加えて、白地にイラストのすっきりしたものも。
なくなったら終了だそうです。

中の本は何かというと、

世界を、こんなふうに見てごらん世界を、こんなふうに見てごらん
(2010/01/31)
日高 敏隆

商品詳細を見る


動物行動学の日高敏隆先生の最新刊。
まだ読み終わっていません。
読んでしまっていないけど、子どもたちに読んで欲しいなと思わせます。

私は教える立場になるまで、
国語は物語文が好きだし、得意でした。
なんとなくわかってしまうから。
恐らく小さい頃からの読書の賜物でしょう。
それに対して、説明文や論説文のつまらなかったこと。
教科書のページをめくっても、説明文の単元は色褪せて見えました。

でも教え始めると、見方が変わりました。
正確に読んだか否か、説明文は白黒はっきりするのです。
読み落としはないか、どこかで誤解はないか、自分の読みを振り返ることが出来ます。
独りよがりな読みをなくすために、説明文での訓練は大切だと思うようになりました。

日高先生の本は、そんな力を楽しく養える本だと思います。
今クラスで使っているテキストにも
『春の数えかた』の中の
「ゼンマイとゼンマイハバチの闘い」の話が取り上げられています。
「事実は小説より奇なり」と言いますが、
こんな話を読んだ後には「そうよね~」と思わされます。

春の数えかた (新潮文庫)春の数えかた (新潮文庫)
(2005/01)
日高 敏隆

商品詳細を見る

『春の数えかた』は、中学受験の世界では有名な本。
試験に役立つもいいのですが、
この本を子どもたちに読んで欲しい大人がたくさんいる、と思うと嬉しくなります。


文庫本の方は、こちら。

子どもたちに語るヨーロッパ史 (ちくま学芸文庫)子どもたちに語るヨーロッパ史 (ちくま学芸文庫)
(2009/09/09)
ジャック ル・ゴフ

商品詳細を見る


私は、カタカナが読めなくて、高校時代、世界史を挫折した人。
(字で読めても、発音が難しい言葉があると覚えられない。
 世界史の発音CDが欲しい!耳で聞くと発音できる。)
でも子どもたちが世界史を学ぶ年頃になってきたので、母、負けないように予習します。



category: 未分類

tb: 0   cm: 2

△top

理科の授業 

 

娘の中学では、1年生で生物を学習しています。
この時期は、毎時間「解剖」
豚の臓器を順番に解剖していくそうです。

中2の娘達は、部活の後輩相手に
「今日腎臓だった?じゃあ、次は心臓だね。
でも一番おもしろいのは、眼球だよ。」
と教えてあげたそう。
1年生は、
「センパ~イ、1・2時間目腎臓で、3・4時間目はホットドッグの調理実習ですよ。
ちょっと~
娘も、1年生のうちは、こんな繊細な神経の持ち主だったろうに・・・

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

セールやっています! 

 

お店「Montag」でセールやっています!
お店へは、リンクの「Montag」からどうぞ。
ここからでもOK!)

クロスステッチのバッグもお求めやすくなっています。
みんな、3500円で販売しております。
しっかりしたボートクロスを使っています。
よろしく

これも、

20081127090415.jpg

これも、

20081127090822.jpg

これも、3500円!

20081127090624.jpg

古い携帯カメラで撮った写真なので、不鮮明。
ごめんなさい。
お店「Montag」では、mokoさんがきれいな写真を撮ってくれています。

category: 新作BAG

tb: 0   cm: 0

△top

ちょっと気分よくさせる知識事項問題集(小学国語) 

 

中学受験も終わり、「ちょっと手綱を緩めてあげてもいいかな」と。
受験しない子も、11月頃から入試演習に付き合ってくれました。
やはり通常のテキスト問題を解くよりは、
時間を計って入試問題に取り組む方が、気分的に緊張感が漂うのでしょうか。
どの子もぐんと伸びたな、と感じます。

受験も終わったことなので、「ちょっといい気分にしてあげよう」と。
そこでこれ。

啓明舎が紡ぐ小学国語ことばの学習 基礎編啓明舎が紡ぐ小学国語ことばの学習 基礎編
(2006/04)
啓明舎

商品詳細を見る


啓明舎の知識事項の問題集です。
「小学3年~受験」が対象となっており、ポイントを押さえた少なめの問題数です。
解説は少ないので、他のテキストで学習後、練習問題としてガンガンやらせています。
受験しないといえど、6年生はほぼパーフェクトにできます。
「先生、ぬるいですよ~。」と少しいい気分で取り組んでくれました。
心の中では「お遊びよ!」と思いながらも、
「え~、そう?でもホント、このペースなら3時間で1冊仕上げちゃうね~。
すごいね!
説明して欲しい所はすぐ言ってね。説明の時間とるからね。」
と子どもたちには言っています

そうそう、この問題集、低学年の頃から受験勉強をしている子はできるのかな~?
小3では、難しいと思いますが。
私のクラスには、そんな子はいなし、小3以下は随分教えていないな~。

category: おすすめ教材

tb: 0   cm: 0

△top

酒バッグ「窓乃梅」 

 

私は「虎之児」バッグを伯母からもらいましたが、
佐賀の酒バッグ、見つけました
「窓乃梅」というお酒のエコバッグです。
写真で見る限りは、似ているかも。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

リンゴのポットマット 

 

ポットマットをつくりました。
nid商店で見た土鍋つかみを参考に。
裏には手を入れるポケット?がついています。


DECO_4461000010943001057.jpg


126518962220.jpg


最初は、学生時代に着ていたウールのスカートを使うつもりでしたが、
やっぱり小物には合わないみたい。
mimiさんで、以前に購入した真っ赤なフェルト生地を思い切って使いました。
(mimiさん、輸入生地が素敵な生地屋さんです。)
フェルトは切りっぱなしでいいから楽ですね。
フェルトに挟んだのは、夫の古いネルのパジャマ。
途中で「りんごみたい!」と思えて、茶色のリボンをループにして。      
でも途中からの思いつきなので、かぼちゃチックでもあり  

昨日も今日も、いいことありました
      

category: ハンドメイド

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。