Montag

暮らし・・・ときどきハンドメイド、ときどきお出かけ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

散歩~調布駅周辺 

 

午後、調布へお買い物に。
ついでに最近オープンした「ぬくもりステーション」へ。

moblog_8a1e0076.jpg

そう、「ゲゲゲの女房」関連のコーナーです。
調布駅東口(北側)から出てすぐ。
角にあって、曲がって駅へ向かい始めると、すぐに調布では有名な焼き鳥屋さん「い志井」さんがあります。

入り口には、この鬼太郎くんと反対側には・・・。

   moblog_462cd88a.jpg

ぬりかべ~
今日は土曜日と言うこともあり、子どもたちが入れ替わり立ち替わり、記念撮影をしていました。

中にはいると、
鬼太郎グッズの販売コーナー
水木先生と布枝さんの足跡を写真でたどるコーナー
鬼太郎のチョッキも用意してあって記念撮影も出来ます。
番組で登場した所を紹介するmap
調布のお土産
(ついでにと言っては大変失礼だけど)武者小路実篤グッズ
水木マンガも置いてあり、読みふけっている子も。
BGMは、もちろんテーマ曲。

私が買ったのはこれ。

      moblog_f0de949d.jpg

ドラマでは、ふみえちゃんが深大寺門前で買っていました。
家内安全を願う深大寺の赤駒です。
説明書によると
昔は深大寺周辺の農家のお嫁さんが作っていたそうですが、
今では西村久枝さん、お一人が作られているそうです。
ぬくもりステーションには、西村さんからのメッセージも。
壊れたら修繕しますから、深大寺の「あめや」まで持ってきて下さい、と。
なんだか嬉しくなってしまう。

鬼太郎のアップをもう1枚。

           moblog_a4131481.jpg


「ぬくもりステーション」を後にして、久しぶりに大好きな古本屋さんへ。
「円居」です。
moblog_14d0d600.jpg

「静謐」という言葉が似合う古本屋さんです。
ブックオフとは、全く雰囲気が違う。
品揃えも通好み。
きちんと分類されて、表紙には透明セロファンが1冊1冊ていねいに掛けられて並んでいます。
全体をくるりと包むのではなく、ブックカバーのように掛けられています。
本と、それを探す人とが、とても大切にされている感じがして、心地よい。
専門書も多いです。
普通の本屋さんを含めても、調布駅近くでこんなに哲学書・美術書が充実している所はないと思います。
大判の美術書は、海外のものも。

今日私が買ったのは、復刻版の野口雨情の詩集。
復刻版といっても、昭和48年に出ているのにとてもきれいです。
野口雨情の詩は、音読してみるとリズムがとりやすくて、子どもに読ませたいですね。
ただぱらぱらめくってみていると、現代では不適当な言葉遣いもありますから、大人が選んでね。

         moblog_d826d010.jpg
                                          ¥500也。

場所は、調布駅から出て1~2分なのに、説明しづらい場所。
東口(北側)から出ると、果物屋さんが道沿いにあります。
その果物屋さんと隣の建物の間から入っていくとあります。




スポンサーサイト

category: 暮らし

tb: 0   cm: 2

△top

初もの! 

 

初もの!って言うのかな?




今年初めてのアサガオさん。

category: 暮らし

tb: 0   cm: 2

△top

ベランダの記録 

 

リンクさせて頂いている「ふゆのそら」のsoraさんのまねをして、
ベランダに咲いた花etc.を撮ってみました。
でもsoraさんと違って、丹誠こめたものでなく、いつの間にか育った植物。
息子がゴミから種を拾っては、蒔いている。
息子も芽が出る頃には、何を蒔いたか忘れてる。
そんな不思議なベランダです。




ぶどうの仲間?
まだ花も実もつけた事がないので正体不明。




かぼちゃ系?
これも正体不明。
2~3日前から次々に花を咲かせています。




これはアサガオさん!
今年は蒔いていなくて、これは去年の種がこぼれて、発芽したもの。

私の気まぐれな水やりにも耐えている、強い植物です。

category: 暮らし

tb: 0   cm: 2

△top

ごんの本棚 

 

「ごん」とは、うちの長女のことです。
中3ですが、商売柄、塾通いというものをしたことがありません。
ただ国語については、公立一貫校の受検を決めた頃から小学校卒業まで通信教育で他の先生にお願いしました。
ちょうど反抗期とも重なり、国語は他の先生にお任せした方がよかろうと。
毎月届くプリントをこなし、週に1度、FAXで課題を送って添削して頂きます。

その先生が、受検準備のために「ごん」が読んだ本のリストを作ってくださっています。
ちょっと先生、我が家のことを褒めすぎなので、いままでご紹介しませんでしたが、
論理的な文章を書くのに参考になりそうな本のリストです。
小学生だった「ごん」には、難しかった本も含まれていますので、中高生にもおすすめです。
「ごん」の読書リストはこちら

うちの子たちがお世話になったのは「かきまくれっ!こくご」のぶい先生です。
基本的には小学1~3年生を募集され、高学年まで面倒をみてくださいます。
募集状況は「かきまくれっ!こくご」のHPでご確認ください。
ぶい先生のHPはこちらです。
リンクにもアップしておきます。

category: おすすめ教材

tb: 0   cm: 2

△top

キンダー・フィルム フェスティバル 

 

息子がキンダー・フィルム フェスティバルのチラシをもらってきました。
一昨年から調布でも開かれるようになり、うちの子たちは楽しみにしています。




調布会場は、子どもは入場無料。
一日映画三昧です。
普段映画館では見る機会がなかなかないヨーロッパの短編映画も多く、楽しみです。
また今年は、懐かしいものが!

moblog_b0524062.jpg

小さなバイキングのビッケですよ
「ビ~ッケ、ビッケ、ビ~ッケ、ビッケ 小さなバイキング」と今でもさびの部分は歌えるくらい、
大好きなアニメでした。
映画は実写のようですが、絶対見に行こう!

category: 暮らし

tb: 0   cm: 0

△top

"Emma's Rug" 

 

絵本の体裁はとっていますが、これはもしかしたら子どもと関わる大人向けの本かもしれません。


Allen Sayという絵本作家の作品です。

Emma's RugEmma's Rug
(2003/05)
Allen Say

商品詳細を見る
 

私が持っているのは、ペーパーバッグ版です。

Emmaは、幼稚園に通う女の子です。
彼女が描く絵は、周囲の人たちを魅了し、注目を集めることとなります。
しかし才能を賞賛され、発想の源を尋ねられても、
彼女は
”I just copy."
と言うのです。

彼女は何をcopyしているのか?
・・・大人には薄汚れたラグにしか見えないものが、彼女にとっては心のキャンバス。
   描く絵は、そこに現れたイメージを「copy」しているにすぎないと彼女は捉えていたようです。

大人の勝手な判断で、発想の源が奪われ、泣き叫ぶEmma。
心を閉ざすEmma。
そして新たな発想を得て、再び絵を描き始めるEmma。

この本の中で、大人はEmmaにとって親密ならざる者に描かれているように感じます。
常識にとらわれて、Emmaの内面に目を向けないような。
「私もそうかも」と時々振り返らないとな。

category: 絵本

tb: 0   cm: 0

△top

鳥取のお魚 

 

これも誕生日プレゼントでいただいたもの。



鳥取の海の幸
嬉しい!



先日作ったバッグは、使ってみると底の広さは気にならなかったです。
底板は、2㎝幅を狭めました。
今年の夏のバッグです!



「はやぶさ」君、帰還の翌朝。
仕事場で話題になりました。
中国東北部出身の同僚は、
「日本人は、メディアに感傷的にあおられていると思う。
称えられるべきは、この計画に関わった人たち。
機械は機械」
とあきれ顔。
機械ってわかっているけど、感傷的に報道されているけど、もちろん関係者の努力に敬意を表するけど、
でもその報道に共感するもん!と
日本の小市民は思いました。
成果にどんな意義があるか以前に、がんばりに感動していることがわかってもらえない

category: 暮らし

tb: 0   cm: 0

△top

はやぶさ君の冒険日誌 

 

はやぶさ君が今日帰ってくる!
「頑張ったね、はやぶさ君」とは思っていました。
でも私の中では普通のテンション。

今朝の新聞を読んで、
JAXAのHPにはやぶさ君の冒険日誌というものがあることを知り、早速見てみると・・・。
いろいろな困難に立ち向かう様子が綴られています。
イトカワへ向かい、音信不通となってしまった「ミネルバちゃん」のことは初めて知りました。
産経新聞には、
「単なる『機械』を超え、人格を持った存在になりつつある。」
と書かれていますが、
とてもその気持ちがわかるようになりました。
「今夜、相模原キャンパスでの帰還イベントに行こうかな」
少し心が動いています。
お父さんに言ったら、「夜遠くまで出かけない!」と言われました

昨日、出来たバッグ。

     moblog_f7f1d628.jpg

この本の中のバッグをベースにしたのですが、普段遣いのバッグにしては底が広すぎるような気がします。

基礎からていねいに手づくりバッグレッスン基礎からていねいに手づくりバッグレッスン
(2010/01/20)
青木 恵理子植村 美智子
商品詳細を見る

自分で使ってみて、修正してみようかと。




category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

子ども手当 

 

ニュースによると、子ども手当の支給が始まったとか。
我が家にも子ども二人分が支給されます。

先日、お友達と話題になったときにも
「どうする?」
「どうしよう。」
「簡単に使えないよね~。」

世の中にお金が循環していくようにする為には、使うべきお金でしょう。
その意味では、レジャーに使うことも社会的に意義があるでしょう。
でも気持ち的に簡単に使ってしまうことには抵抗があるし、これから進学のたびにお金は必要になるから貯金したいし・・・、
様々考えさせられる子ども手当です。

今朝、使い道を思いつきました
娘に子宮頸ガンワクチンを接種しよう!
バリバリ働ける年齢になったときに病にわずらわされず、がんばって納税出来るように。
最初にいただく手当は、ワクチン代です。

ただ今まで未接種だったのには訳があります。
費用が高額なこともありますが、
子宮頸ガンが数ヶ月前話題になったに
ニュースキャスターが
「今年中には改良された新しいワクチンができるそうです。」
とコメントしたから待っているのです。
でもネットで「子宮頸ガンワクチン 新しい」と検索しても、それらしいものにはたどり着けず。
婦人科に問い合わせるしかないでしょうかね~。
医療従事者の方がこれを読んでいらしたら、教えて下さい。

(6/13追記)ワクチンについてのコメントは、私の聞き間違いみたいです。
従姉妹が産婦人科の看護師をしていることを思い出し、聞いてみたら
「聞いたことないな~。今のが認可されるまでにも時間かかったしね。先生に聞いてみようか。」
聞くまでもなく、私の聞き違いだと思います。



今日届い友達からの誕生日プレゼント。
しずく型とハート型のペンダントです。
ありがとう




category: 暮らし

tb: 0   cm: 0

△top

誕生日の一日 

 

とほほ、で始まった昨日でしたが、



私の才の誕生日。
ケーキで祝ってもらいました。

自分で自分へのプレゼントは何かというと。
会留府さんに注文した本が朝届きました。

     moblog_6594476e.jpg

「かみ舟のふしぎな旅」「はらぺこの遠足」はシリーズものです。
偶然見つけた思い出の本です。
と言っても、タイトルもストーリーも忘れていたのに、「楽しかった」という記憶だけが残っています。
何が楽しかったのだろう?
子どもの頃、何を楽しい、おもしろいと思ったのだろう?
もしかしたら、自分好みの由来を探したいのかもしれません。

「かはたれ」は会留府さんのおすすめ。
「引き出しの中の家」と同じ朽木祥さんの作品です。

明日は土曜日。
家のことを済ませたら、ゆっくり読んでみたと思います。

アマゾンさんに注文した本も届きました。

リネン&コットンと暮らす。 vol.6―ハンドメイド雑貨がいっぱい (Heart Warming Life Series)リネン&コットンと暮らす。 vol.6―ハンドメイド雑貨がいっぱい (Heart Warming Life Series)
(2010/06)
不明

商品詳細を見る

先日「新作バッグ!」のコメントで水通しについて教えて下さった
「もったいないかあさん」さんの作品が掲載されていること、
バッグ・イン・バッグの詳しい作り方が掲載されているということで注文しました。
とても満足!な内容です。
バッグ・イン・バッグのページはこれ。




この紫のバッグの作り方が紹介されています。
バッグの中がごちゃごちゃする方なので、作ってみようと思います。

昼間は、新宿高島屋で開催中の草月流の展覧会にご招待頂いたので、行ってきました。
初めてです。
地下のたいめいけんのイートインで腹ごしらえをして、会場へ。
予想していたお華とは、全然違う
大きくて、植物と花器を材料にしたアート作品といった感じ。
素敵な作品ばかりでした。
作品ひとつひとつにタイトルがつけられていますが、印象に残る言葉がありました。
武者小路実篤のことば。
「君は君 我は我也 されど仲良き」

category: 暮らし

tb: 0   cm: 2

△top

とほほな事で・・・謝りに行く 

 

朝イチで、息子の学校へ。
とほほな事で謝りに行きました。

昨日、帰ってみると
「話があるんだけど・・・」
と息子。
「実は~、習字の時間に墨で汚れた手をカーテンでふいちゃって・・・。先生が洗濯してきなさいって。」
こう言いながら、息子は、お膳の下から学校のカーテンを出す。
あまりに予想外の出来事で、「わかった。洗うから出しておきなさい。」と一旦は言ったけど、
ふと我に返り、
「自分で洗いなさい墨が付いたところに洗剤を付けて、つまみ洗い。とれたら洗濯機に入れる!」

とどめを刺すように、留守電には先生からメッセージが入っていて
「グラ君は自分で事情を話すと言って帰りましたが、話せましたか?」
頭がくらくらしてきました。
これが中学生のしでかしたことかと、母は哀しくなります。

「なんでカーテンでふいたの?」
「つい・・・。」

先生には、自分のズボンで拭こうとしたけど汚れるから、と言ったそう。
ますます頭を抱える母です。

category: 暮らし

tb: 0   cm: 0

△top

パッケージにひかれて 

 

パッケージにひかれて、成城石井で買ったビスケット。
(こんなことを「パケ買い」というのでしょうか?それとも箱買いすること?)
もちろんプレゼント用です。
うさぎとかめの型抜きクッキーが入っているらしい。
小さなお子さんへのお土産にも使えそうですね。




下のデリシャスミントが、わたし用のおやつ。
関西のおばちゃんのように、外出時には「あめちゃん」の入ったあめ袋を持ち歩いています。
花粉が飛ぶ時期は、龍角散のど飴を持ち歩きますが、
このところはこのミント飴。
ミントが効き過ぎず、ソフトなスースー加減です。
189円也!
裏の商品紹介やメーカーからのメッセージもほのぼのしています


category: 暮らし

tb: 0   cm: 2

△top

PTA会長慰労会~表参道にて 

 

昨日、子どもたちが卒業した小学校のPTAのOGが集まりました。
この春交代した前PTA会長の慰労会です。
この会長と一緒に役員だった人たち(3年分)でささやかな宴です。

             moblog_3806588f.jpg
           (青山フラワーマーケットさんが、会長退任祝いのイメージで作ってくれた花束。
            どんなイメージなんだろう? )


調布から、みんなで表参道へ。
気分はプチ旅行。
食事の後は、社会見学。
一人では恥ずかしいけど、みんな一緒なら大丈夫
表参道ヒルズへ入り、
「どこから階が変わる?」
「吹き抜けに木陰ができてる~!」
みんなで吹き抜けを見上げ、見下ろし、楽しかったです。

こうして大人数で出かける機会は、
PTAに携わらなかったら、なかったでしょう。
確かに時間はやりくりしなければなりませんが、
私は、大事なものを得られました。


category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。