Montag

暮らし・・・ときどきハンドメイド、ときどきお出かけ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

女の子スモック 

 

今日は、オーダーいただいたスモックを見てください。
「写真掲載OK」のご了解をいただいたので。

お母様にネットショップで生地を選んでいただいて、仕立てました。

       moblog_f9068c4f.jpg

女の子って感じでしょう?
うちには、こんな小さいのを着てくれる子がいないので、作っていても嬉しくって!
生地自体は、ドットとギンガムチェックといったオーソドックスなものを使い、ポケットでアクセントをつけました。
USAコットンを使っています。

一番のお気に入りはこれ。

      moblog_8d0f53a7.jpg

楽しい幼稚園生活になりますように。


スポンサーサイト

category: ハンドメイド

tb: 0   cm: 6

△top

「わが町」~新国立劇場 

 

昨日は、新国立劇場中劇場に「わが町」というお芝居を観に行きました。
当日席が空いていると学生はお安くなるので、娘も誘ったのだけど・・・。
仕方なく一人で。

       moblog_b1677eb0.jpg

ソートン・ワイルダー作

作者を知っているとか、好きな俳優さんが出ているとかではなく、
ポスターになっていた上の写真に魅かれて。

あらすじは、予習していきました。
少し難しそう。

劇場に入ると、ホール入口まで道案内がありました。
まるで道の辻々に立っている道標のようです。
「グローヴァーズ・コーナーズ」というちいさな町がお話の舞台です。

              moblog_5c01862b.jpg


舞台装置は、椅子と机と脚立程度。
音楽も、ピアノの生演奏と讃美歌。
とてもシンプルな舞台です。
でも光が道を作り、家を作り、教会を作ります。

3幕のお芝居。
第1・2幕は、若い二人の恋と結婚はありますが、ごくありふれた、穏やかな田舎町の生活です。
きっと、観客席に役者さんが潜んでいたり、観客をも登場人物にしてしまうという趣向がなければ
つまらなかったかもしれません。

ところが第3幕で、そのありふれた日常がとても貴重なものとして輝きを放ちだすのです。

第2幕で結婚式を挙げた若い奥さんは、お産で9年後に亡くなります。
死者となった彼女は、この世(この町)に思いをたくさん残してきています。
そして、過去のなんでもない日に一日だけ戻してもらうのです。

第1幕と同じようにありふれた朝の家族の様子が再現されるのですが、
それは、以前とは全く違う意味合いを持って、彼女の目にも、私の目にも映ります。

生きているときには気付かない、日常生活の輝きや大切さ。
「なんで気づかないのかしら!」と死者となってしまった主役の若い奥さんが叫びます。
貴重な日常の中で、その渦中にいる人たちは、じっと大切な家族を見ることもしない。


今の私の生活。
少しの困難や苦労はもちろんあって、毎日をこなすことに一生懸命だけれど、
「輝く日常を意識して、ここで暮らしていこう」と思いました。
こうして自分の日常を外から見る機会は、必要ですね。
自分の感性を確認するためにも、もう一度見たいお芝居です。
(上演は今日までで、叶わないのですが。)



上演を記念して募集された、家族についてのエッセイの入選作がロビーに掲示してありました。
鹿児島県の女性のエッセイが心に残ります。

毎朝起きて、お母さん・おじいちゃん・おばあちゃんに挨拶すると、うれしくて、ホッとする。
でもお父さんとは別の場所で。
携帯用の英和辞書の中にお父さんを見い出す。
お父さんは、(彼女が)生まれる三か月前にこの世を去っている。
でも、辞書を引いて、そこにお父さんが赤鉛筆で引いたラインがあると、
お父さんに会えたような気分になる。


どこかに原文が掲載されているといいけど。
筆者は、日常の輝きを感じて暮らしているのかもしれませんね。

category: 暮らし

tb: 0   cm: 0

△top

世論調査がかかってきた! 

 

さっき「フジテレビの依頼で…」と電話がかかってきました。
よくある「無作為に発生させた電話番号にかけて」という世論調査
カン内閣についてということ。

「20代~50代の男性の方、または20代・30代の女性の方」が対象。
夫は不在。
だから対象者は在宅していない。
一瞬「30代になってしまおうか」とも思ったけど、
「言いたいことはあるんだけどね~。残念ながら違うわ。」と口が先に言ってしまいました。

おもしろそうだったけど、・・・。
わからなくても、嘘はいけないね。

category: 暮らし

tb: 0   cm: 4

△top

明治神宮 

 

先週、大学同窓会のお当番の集まりで原宿へ。

打ち合わせを終え、原宿にお住いの先輩が
「おいしいサンドイッチがあるから、お昼に行きましょう!」
連れていてもらったのが、原宿駅から歩道橋を斜めに渡った「Quatre」
キャトルさんと読むらしい。
お勧めのサンドイッチのセットを注文しました。
具材がバラエティーに富んでいて、でも雰囲気はおうちで作ったサンドイッチ。
女の人にはちょうどお腹がいっぱいになる量。
「おいしかった~」と言っていたら、
「この後、ケーキもつくわよ。モンブランはちょっと高いから選べないんだけどね」と。
え~っ!
だってセットは、1050円!
お皿に山盛りサンドイッチと飲み物とショーケースに売ってあるケーキで1050円?
ケーキもおいしかった~。
おいしかったから、子どもたちにお土産に。

        moblog_99523a41.jpg

そのあと、明治神宮へ。
本格的なお参りは初めて。東京に来てもうすぐ20年なのにね。

歩けど歩けど林。
日陰だからちょっと寒い。
 
途中にお供えのお酒が!
日本酒酒樽はらしいけど、向かいにはワインのお供えが、おフランスから。

       moblog_0586c8cb.jpg

またしばらく歩いて、「明るい光!」と思ったら拝殿でした。

         moblog_779e7c59.jpg

ちょうど、数日前に整骨院で見た「婦人画報」に素敵なお守りが紹介されていました。
「こだま」
明治神宮の杜の木を使った鈴です。
いただいてきました。
1年たってもお焚き上げしなくていいんですって!

   moblog_a7bdb31a.jpg

樫と楠があって、を選びました。
ビニール袋を開けると、すっごいいい香り

category: 暮らし

tb: 0   cm: 2

△top

みどりのスモック 

 

販売用のスモックです。
100センチくらいのお子さん用。

          moblog_d28811da.jpg

この色だったら、シミが残っても目立たないかな?

category: ハンドメイド

tb: 0   cm: 0

△top

「防災とボランティアの日」にしたこと 

 

昨日、1月17日は、「防災とボランティアの日」。

「何かしなくては」という気持ちになります。
ずっと「いつか換えよう」と思っていた懐中電灯の電池を換えました。
何もしないことは、大惨事を忘れてしまうこと。
今日も何か一つ備えよう、と思います。
ろうそくを一か所に集めて、家族みんながすぐ出せるところに置こう。

さて、
スーパーで見つけたもの。
「勝てオレ」ですって。

        moblog_0a457373.jpg

うちの生徒さんたちもセンターを受けてきました。
夫はいつも「糖分補給のために」とゴディバのチョコを買って渡します。
「勝てオレ」みたいな合格グッズを渡すのは気恥ずかしい年ですから。
遊びではない、スペシャルな日。
ゴディバは、気持ちにフィットするのかもしれない。

category: 暮らし

tb: 0   cm: 2

△top

駅、さようなら 

 

昨日15日で、今までの「西調布駅」とさようならでした。
今日16日は、新しい駅舎の運用開始。

ぐらが
「電車、乗りに行こう。お別れだから。」

で、二人で行きました。
きっと誘ってくれるのも、もうしばらくでしょう。

         moblog_3d8b004b.jpg

彼の本当の目的は、調布まで行って「イナズマイレブン3」の攻略本を買うことだったようですが。
ま、いいか、デート、デート

パルコ催事で「八天堂」のクリームパンを売っていました。
1個200円と菓子パンにしてはいいお値段だけど、
「どうやって作っているんだろう?」というような不思議なクリームパン。
クリームはほわほわで、冷やしてもおいしくて。
パンの部分は、オープンで焼いていないような感じもします。
お饅頭の皮みたい。
1個で満足できるし、おいしいんですよ。
攻略本と私の『八朔の雪』とクリームパンとドーナツを買って帰りました。

      moblog_780a1307.jpg



category: 暮らし

tb: 0   cm: 5

△top

ファミ○○もどきのレッスンバッグ 

 

今日作ったレッスンバッグ。
ごんに見せたら、
「出た!ファミ○○もどき」           

           moblog_93e72f6c.jpg

なんでかって?

柄を大きくしてみると、

      moblog_3ba31cf9.jpg

でも「もどき」は普通もう少し恥ずかしい感じがするけれど、
これはかわいらしくて好きです。

       moblog_0f03b40d.jpg



category: 新作BAG

tb: 0   cm: 0

△top

藤井さんの話し方 

 

今朝NHKニュースを見ていると、
官房副長官に就かれた藤井裕久さんが出ていらした。
政策を支持する、支持しないは別として、
以前からこの人の話し方はとてもわかりやすいと思っていました。

問題点はなにかをまず明らかにする。
それに対する自分の考えをいくつかのポイントに分け、まずは見出しで言ってくれる。
その後に一つ一つを説明する。
最後に大きく「だから私はこうしたい」と一言でまとめる。


藤井さんの話し方は、わかりやす小論文の構成と基本的に同じです。
極めて論理的。
短い時間で話をまとめたいから、感情に訴えるようなことはまずカットする。

こんな話し方をする人、個人的に好きです。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

夕方の富士山とレッスンバッグ 

 

今日夕方の富士山。
携帯のカメラだからきれいに撮れないのに、つい。

           moblog_0b0f2712.jpg

実家の母は言います。
「毎日富士山が見られて、幸せね~。」

レッスンバッグを作りました。
おかげさまでお店「Montag」の方は品薄になってきました。
特にお手頃レッスンバッグは、お客様に褒めていただけて、嬉しかったです。

帆布のレッスンバッグ。

     moblog_99352c87.jpg

今まで作っていたレッスンバッグには市販のワッペンを付けていましたが、これが高くて。
材料費で一番高いかもです。
ワッペンもいろいろですけどね。
だから今回は、まどを作って、プリント柄のウサギをのぞかせました。
ただ、ワッペンをアイロンで張り付けるより手間がかかる~。

生地のちょっとシワっとした感じは、帆布表面にパリッと糊付けされているから。
生地屋さんによるとこれも味だとか。

ウサギ、かわいいですよ!

              moblog_aa4b1d0c.jpg

     moblog_76bd1fa8.jpg

お店に生地を探しに行ったら、入園準備と思しき親子+おばあちゃま。
男の子は、車柄の生地をぎゅっと抱きしめている。
「やっぱり男の子は車柄が好きなんだ~」と車柄コーナーを見ていると、
私も好みの生地を見つけました。

それで作ったのがこれ。

            moblog_b05ffa86.jpg

車の絵も好きですが、車と車の間に素敵なメッセージを発見!
Seeking dreams.

男の子は、使わなくなったら畳んでランドセルの中に入れられた方がいいでしょう。
お洗濯も頻繁に必要になるかも。
車柄がツイルくらいの厚さがあったので接着芯は貼らず、裏布もツイルくらいの厚さの布にして形をキープ。
持ち手もボンネルテープをそのまま。
アクリルテープより光沢があって好きです。
元気な男の子仕様のレッスンバッグです。
車柄バッグ、1700円でいかがでしょう?

category: 新作BAG

tb: 0   cm: 4

△top

「しょうがすこ」 

 

昨日、chiruちゃんにもらった調味料。


「しょうがすこ」moblog_6b3f2402.jpg

「福岡ではやっている!」とお土産にもらったそうだが、
「私、しょうがそこまで好きじゃないし」と持ってきてくれました。

しょうが+こしょう(あのあたりでは唐辛子のことを「こしょう」)+お酢、ということ。
いろいろ使えるようそうですが、ちょうど肉団子を作っていたので入れてみた。
入れた量が少なくて、味が分からなかった。

再チャレンジです!
カツオのたたきや肉料理、魚の煮つけといろいろ使えそう。

そういえば、私は魚の煮つけには「赤ごしょう」を使います。
「ゆずごしょう」は青い唐辛子にゆずと塩をすりつぶして作りますが、
「赤ごしょう」は、赤くなった唐辛子に塩を入れてすりつぶします。
(だと思う。いつも母から自家製あるいは近所製を送ってもらうので)
実家の父は、わさび代わりにお刺身にも使います。
「ゆずごしょう」は全国的に広まったけど、「赤ごしょう」は買えないな~。

category: 暮らし

tb: 0   cm: 0

△top

教え子たち 

 

最近、嬉しい知らせが次々飛び込んできます。
学生時代の教え子たちの活躍や嬉しい話です。

マスター時代、忙しかった。

学校は大阪・下宿は京都。
学部が終わった時に、引っ越せばよかったのですが、
「若い子が大阪で一人暮らしするもんやない。
 こちらはお父さんから大事な娘預かってるんやさかい、大阪にほっぽりだすわけにいかんわ!
 京都から通いよし。」
と下宿の大家さんに言われ、そのまま。
(って、後から「言葉あっている?}と疑問に・・・。
東京に来て20年近く。
細かに京都の言葉づかいを思い出すことが困難になってきました。)

昔はこんなありがたいことがあったんですよね。

学校が終わると、家庭教師のアルバイトをし、夜は京都・荒神口のゲーテ。

アルバイト先もいとこの家や学部時代の学校にゆかりのお宅。
「先生、次はすぐゲーテやろ。なんかお腹に入れてって。」と、
いつもおうどんを作っていただきました。

忙しくても、人のご縁で安心して過ごせていたのですね。

その時教えていた子どもたちも社会で活躍しています。

一人はいとこの息子。
「結婚しました」と写真入りの年賀状を送ってくれました。
ひょろひょろしていたのに、今では180㎝を超える青年。
昔は、二人で佐賀へ行き、カブトムシを抱いて大阪に戻っていたのに。
お嫁さん、かわいい!
有田の叔母に頼んで、青い鳥のコーヒーカップを贈りました。

     moblog_fb31b083.jpg
                    (「大樽陶山堂」のHPより)

幸せを運びますように。

もう一人は、「かざり」ブランドを立ち上げました。
ジュエリーの細工です。
「誉ノ錺」
案内を送ってくれて、「HP見てね」と。
嬉しかった~。
子どもの時から「きらきらしたものが好き」と言っていました。
自分の適性にあった仕事を見つけ、頑張っているんだな、と。
注文できるように、頑張って、働こう!

category: 暮らし

tb: 0   cm: 4

△top

ビニコのトートバッグ 

 

できた~!ビニコのトートバッグ

        moblog_c047ffa4.jpg

パターンは、ピーチメイドさん。
吉祥寺のコットンフィールドで一目ぼれした生地です。
でもビニールコーティングを縫ったことがなくて、あたためること半年。
 (保管を物語るシワシワが・・・。)
ピーチメイドさんのパターンを見つけ、もったいないかあさんに使用する糸を教えてもらい、完成!
私は、新しいものが好きだけど、怖がりです。

何がかわいいって、このネズミ
バレリーナですよ!

           moblog_6ed6726f.jpg

「こんなマンガの絵なんて、いい大人は持たない!
 ごんに譲りなさい。」
と夫に言われそうだけど・・・。
多分ごんの好みじゃないな~、ふふっ。

中はポケット付きです。

      moblog_5668b4af.jpg


category: ハンドメイド

tb: 0   cm: 2

△top

テルマエ・ロマエ 

 

「テルマエ・ロマエ」を買ってきました。
表紙にちょっと引いてしまい、とりあえず1巻だけ。

テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)
(2009/11/26)
ヤマザキマリ

商品詳細を見る


古代ローマの建築技師が現代日本に時空を超えて迷い込む話。
ずっとこちらに留まるわけでなく、偶発的に行ったり来たり。
彼が迷い込む場所は日本のさまざまなお風呂で、
日本風呂文化のアイデアを古代ローマに持ち帰って、実現する。

おもしろい。

特に私は、この一言に「ふふっ」
   moblog_b36e083d.jpg

「ふゆのそら」のsoraさんが「(お子さんたちは)ジブリで育った」って書いていらしたけど、
うちも「ジブリ育ち」ですから

category: 読書

tb: 0   cm: 2

△top

もらった?拾った? 

 

パート先は、先ごろ断捨離を実行。
一部屋分のゴミが出されました。
スチール製の事務用品も山積み。
他の部屋で使うものは、その山から引っ張り出していく。

最終的に引き取り手のないものもたくさんあります。
その中にキャビネットが一つ。
所長さんに
「もらっていい?」
と聞くと、
「いいよ、持ってて!こっちも処理費用かかるし嬉しい。」
「じゃあ、台車も貸して。」
と、ころころ5分転がしてきたのがこれ。

        moblog_7df2bf43.jpg

立派です
大手事務用品メーカーのもの。
近く自宅近所に教室をオープンさせようと思っているので、プリントキャビネットにします。

いい拾い物をしました

寒い日は、鶏のスープ。
らでぃっしゅぼーやさんのお便りに書いてあったスープがおいしかった

         moblog_a686d771.jpg

長芋とねぎのスープ(4人分)~「らでぃっしゅぼーやのおたより」から

①長芋300グラムは皮をむき、厚さ2センチのいちょう切りにして水にさらす。
 長ねぎ1/2本は長さ2センチに切る。
②鍋に水2ラップと鶏(手羽元)4本を入れ、弱火でじっくり煮込んでだしをとる。
③鶏のだしが出たら、長芋と長ねぎを入れ、弱火で3分くらい煮込む。
④水2カップを加え、再び沸騰させてから味をみる
 (好みで塩を加える)
⑤器に盛って、刻んだ葉ねぎ(三つ葉やセリでも)などを散らして出来上がり!

category: 暮らし

tb: 0   cm: 6

△top

floweryさんの花束 

 

今日友人のもとにお誕生日プレゼントとして届いたはず。
floweryさんの花束です。

        moblog_c48933a9.jpg

こうして贈り主の私にもお花の写真を送ってくださいました。

「新春らしい華やかなお花をグリーンに組み合わせてください」とお願いしました。
新春のウィンナワルツみたい!
floweryさんには、以前にも友人の舞台お祝いに届けていただきましたが、
こちらの断片的なイメージを本当にくみ取ってくださいます。
素敵なお花屋さんですよ。

昨日はぐらもお誕生日でした。
我が家では、「欲しいものは、クリスマスとお誕生日だけ」というきまり。
ぐらのリクエストは、本当はDSの最新モデル。
でもごんに
「Ligthで機能的には充分」と一刀両断に却下され・・・

「それじゃ~、LaQ
家族みんな「はっ?!」
LaQとは、本屋さんの片隅で売られている立体的なつながり方をするブロック。
パチンパチンと心地よく組み合わさっていきます。
最近また引っ張り出してきて、はまっています。
補充パーツが欲しいと。
小さな望みだけど、
「ぐら~、君は13歳になったんだよ~。」

moblog_6185a194.jpg

category: 暮らし

tb: 0   cm: 4

△top

私のお正月 

 

1月2日。

夫は仕事。
「お正月は家族サービスしてください」と言うかわいい受験生をやっぱり放ってはおけない。

ごんは、箱根を見ようとTVに張り付いている。
彼女は駅伝大好き。
TVを見ながら英語弁論会の原稿”What I am interested in most now”をまとめている。
もちろんテーマは、「箱根駅伝」。
私も拓大を応援しました。
うちの前をを毎日走っているから。
(人通りの少ない時間帯に、周囲に気を配りながら控えめに走ってます。)
ジョン・マイナも毎日黙々と走っています。
「応援してるよ!」と声をかけたいけど、気恥ずかしくて黙って見送ります。

ぐらは、前日夕方、夫と行った映画「イナズマイレブン」の余韻に浸っている。

「お天気もいいし、どこかに行きたいな~」と思い立ち、一人恵比寿に映画を見に行くことにしました。
恵比寿の映画館はこの1月で休館だそう。
数日前の新聞にありました。
最近こじんまりした映画館が立ち行かなくなっているそうです。

「人生万歳!」というアメリカ映画を見ました。
大人向けの笑える会話が楽しかったです。
現実離れしたハッピーな結末へ会話の力で引っ張っていきます。
(帰って夫に説明したら「訳わからん!」)
終わってもがさがさ帰る人も少なく、観客みんなでエンドロールまでゆったり楽しめました。
大きな映画館では余韻に浸れないんですよね。
お話が終わったら、さっさと出なきゃいけないような気になります。

その後は、恵比寿ガーデンプレイスをうろうろ。
初売りの日ですが、程よい人出です。
オイスターバーに入り、生ガキとギネスのハーフサイズ。
ソファーでゆっくりいただけて、おいしいわ~
それから「福袋の一つも買いたい!」と米菓子福袋1050円也を購入。

   moblog_4fcb5d49.jpg

結構ホクホクな中身でしょう?

category: 暮らし

tb: 0   cm: 0

△top

斜めかけバッグとお弁当入れ 

 

数日前に完成した斜めかけバッグ
パターンは、パターンレーベルさんです。
moblog_36737b68.jpg

Mサイズ。
程よい大きさです。
11号の帆布とアイスバーグのマンガプリントの生地を組み合わせました。
中は、こんな感じ。
moblog_c662797e.jpg

型紙にはついていなかったのですが、私に必要なもの、鍵フック
これがあると「鍵がない!」とバッグをひっくり返さなくていいんです。

moblog_c8b9c2e9.jpg

ペットボトルホルダーは、型紙が付いていました。
夏場は重宝しそうです。

パターンレーベルさんの型紙には、S・M・Lの3種類のサイズが入っていました。

もう一つは、お弁当入れ
お店「Montag」に出すものです。

moblog_2ed691c6.jpg

このピンクの生地がとても仕立て映えします。
元気な女の子にぴったり!
中は、手持ちのキルティング生地を合わせてみました。

moblog_50ea14ef.jpg

お弁当から汁気が少しくらい漏れても他のものを汚さないかな。

黄色のギンガムチェックの生地ととても相性がよくて、
この組み合わせで子どもエプロンを試作してみようかな、と思います。

category: ハンドメイド

tb: 0   cm: 0

△top

あけましておめでとうございます 

 

あけましておめでとうございます
よい年となりますように

お正月らしいおめでたいもの

moblog_61356f6a.jpg

佐賀・有田の14代辻常陸さんの鳳凰の銘々皿。
1枚だけ飾り皿として使っても、清々しいです。
深川や香蘭社ほど知られてはいませんが、皇室御用達の窯です。

おめでたい?器をもう一つ。
我が家では、お正月には焼き鯛をいただきます。
「売ってあるだろう」と買い物に出かけたら、もう売れ切れ。
3軒目でやっと見つけた1500円の鯛。
ちょっと痩せている。
実家から持ってきたお皿に盛りつけようと毎年思うのですが、このお皿、変。

            moblog_07aaf0c2.jpg

頭が右向きはやっぱりですよね。
魚は左向き・お皿は右向きで盛り付ける?
実家の納戸にあった古いお皿を引っ張り出してきたので、どのように使われていたのかもわからない。
祖母曰く
「昔は、お正月の鯛をこれに盛り付けていたような~」
でも盛り付け方までは記憶に無いようで。
もしかしてお祝い用じゃないのかな?
それにしては目玉・口元あたりがマンガチックです。

結局「やっぱり変」と今年も丸い大皿に盛り付けました。
使い方をご存知の方は教えてください!

category: 暮らし

tb: 0   cm: 2

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。