Montag

暮らし・・・ときどきハンドメイド、ときどきお出かけ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

にわとり親子 

 

ぐらが小さいころに作ったおもちゃを久しぶりに引っ張り出しました。
にわとりさんです。

       IMGP1475_convert_20120928154753.jpg


ジッパーを開くと、おなかの中から・・・。

             IMGP1476_convert_20120928155019.jpg

                              IMGP1477_convert_20120928155326.jpg

表裏が卵とひよこになっていて、「たまごから~、ひよこが生まれた!」ってできます。
「さ~、可愛いひよこたち、こっこっこ」っとパペットにもなります。(むりやり)

       IMGP1478_convert_20120928155539.jpg


押入れにしまっていたら、白いタオルにシミが浮いて黄ばんでしまいました。
これでよく遊んだものね~。
図書館で借りた保育雑誌に作り方が載っていたと思います。
雑誌の名前も忘れてしまったけど、愛着あるにわとり親子です。

(追記)
思い出しました!
雑誌の名前は、学研の『piccolo』
通販コーナーには、もっと立派なにわとり親子がいた!(高いけど・・・。保育園向けのようです)
学研の通販コーナーから画像をお借りしました。

    6076530072_convert_20120929095607.jpg

たまごがひっくり返ってひよこになるらしいです。
スポンサーサイト

category: ハンドメイド

tb: 0   cm: 8

△top

小数の計算 

 

Yahooのニュースの見出しに、読売新聞からの引用で、
「小数のかけ算・割り算、小6の半数近く理解せず」

「やっぱりそうなんだ」という印象です。
今小学生の学力はフタコブラクダ状態だと言われています。
できる子とできない子がはっきり分かれ、上と下に山が2つできてしまっている状況のことを指しています。
西調布の教室では、中学生から受け入れているので小数の計算が苦手という子が入ってきます。
分数よりも小数の方が深刻です。

中学の学習内容も追っていかなければなりません。
でも、小数の計算ができない事を放っておくわけにもいきません。
短くても時間をとって、少しずつ練習を積ませるしかないのです。

今そんな中学生に使わせているのがこちらの教材です。
本屋さんで売っています。

けいさんノート小学5年けいさんノート小学5年
(2008/02)
不明

商品詳細を見る


けいさんノート小学6年けいさんノート小学6年
(2008/02)
不明

商品詳細を見る


5年生の問題集から練習させます。
1回10問です。
問題集に直接書き込ませます。
負担感を軽くするためです。「1冊終わったんだ!」と思わせるためです。
見開きで左が問題、右が答えになっている点が少し使いづらいですが、答えを折って使わせています。

category: おすすめ教材

tb: 0   cm: 0

△top

ためしてガッテンの「しわ対策」 

 

「ためしてガッテン」でしわ対策をやっていました。
しわの原因は紫外線だそうです。

母に感謝です。
小3から意識的に焼いたことがありません。
番組では、「しわを作る紫外線は夏場だけでなく一年中降り注いでいるから、常に日焼け止めを塗りましょう!」
私はこれに母から言われたことをプラスしてお勧めします。

「首を焼いてはいけない!」

「首を焼くととても疲れる。」
母がよく言っていることです。
私は、外で作業するとき必ず首にタオルを巻いて隠します。
日常的にも巻いた方がいいかもしれませんね。
でもそれは暑くて、がんばれないかな。

category: 暮らし

tb: 0   cm: 8

△top

またお客さま 

 

またお隣からお客さま。
玄関を出ようとすると「キュルキュル」と鳥笛のような音。
「小さい子が遊んでる?」とのぞくと、本物が機嫌よく歌っています。

       IMGP1467_convert_20120912130542.jpg

そっと私が玄関を出たのも構わず、鳴きつづける。
しばらくして帰ったぐらが「知ってる、帰ってきた時鳴いてた」と。
長いご滞在だったみたい。



今月はごんの誕生日。
お誕生日プレゼントに「ダディ・ロング・レッグズ」を日比谷のシアタークリエに観に行きました。
ごんは、お気に入りの坂本真綾さんが出演しているから、「絶対行きたい!」
登場人物は2人だけ。
ミュージカルというので、アステアの「あしながおじさん」みたいな華やかな舞台を想像していました。
しかし、ほとんど2人の歌の掛け合いで物語が進みます。
華やかなダンスはなかったけれど、二人の思いやジルーシャがどう社会と関わり自立を目指すのかがきちんと描かれていました。
高校生にとてもいいプレゼントができました

category: 暮らし

tb: 0   cm: 0

△top

辰巳芳子先生のお話とブローチ 

 

月曜日、rokoさんに誘っていただいて、渋谷の東急本店へ。
料理家の辰巳芳子先生の講演と、rokoさんおススメのビーズブローチを拝見しに行きました。

辰巳先生のご本は辞書のように使っています。
なにかわからなくなると、確かめる。
でも時々テレビに登場される先生は、なかなかに厳しそうです。
手を抜いているときに見た辰巳先生の特集番組は、途中からテレビの前に正座してお話を聞いた覚えがあります。

実際のご講演は、楽しく、「がんばろう!」という気持ちになりました。
食物には自分自身や家族の健康を託すわけですから、頼みがいのあるものを選びなさいと。
私は、コンビニでおにぎりやサンドウィッチを買うことに抵抗はありません。
でも時々「どうしたの、私?」と思うくらい、「この食材を買ってもいいものかしら?」と売り場で迷うことがあります。
先生のお話を聞いていると、栄養の詳しいことはわからなくても本能的な防衛反応かな?と思いました。
これからは、たとえお買い得商品でも、何か迷う、ひっかかる時には、直観に従おう。



そして、rokoさんのおススメのブローチはこちら。

           IMGP1469_convert_20120912130815.jpg

ShuRRyさんのブローチです。
ビーズやスパンコールを使ってドレスを飾る刺繍の手法で、日常に使いやすいブローチなどを作られています。
とても軽くてニットに付けても重みで下を向くことがないそう。
蝶々やとかげ、お花のモチーフがありましたが、私は白い「たつのおとしご」くんをいただきました。
早速つけて街へ出ると、夏の日差しにきらきら輝きます。
顔の近くにキラキラするブローチがあると、肌もきれいに見えそうな・・・。

category: 暮らし

tb: 0   cm: 1

△top

商店街の文具屋さん 

 

近所の商店街の文具屋さんが店じまい。
道路拡張のため奥にさがることになり、これを切りにということだそう。
商品は全て半額。
私も教室で使う文具はここで用意していたので、さよならを言いに行きました。

朝から次々お客さんが入ってきます。
みんな口々に「閉店ですって、寂しくなります。」と言いながら。

夕方、中学生たちも教室に来る前に寄ってきたみたい。
話を聞いていると、安かったからというよりは、お小遣いを持っておじさんとの思い出を確認しに行ったようです。
「あそこのおじさん、好きだったんだ。」
「優しかったんだよね~。」
「サッカー好きだから、店番しながらサッカー観たりしてるんだよね。」
買ってきたシャープペンシルやメモ帳をいじりながら・・・。
「おじさん、これからどうするんだろう。」
「もう年だしな~。」

おじさんに聞かせてあげたいな。


ここに引っ越してきて20年近くになりますが、商店街が本当に寂しくなりました。
お魚屋さん、本屋さん、薬局、金物屋さん、八百屋さん、酒屋さんもあったのに・・・。
和菓子屋さんもスナックも豆腐屋さんもお花屋さんに洋品店もあったのに。
みんな、なくなってしまいました。
なくなった後は、道路が拡がり、バスロータリーができるそうです。
街の活性化ってこんなことなんでしょうかね。
でも私たちも近所のお店を支えられなかったんですよね。

category: 暮らし

tb: 0   cm: 5

△top

ていねいに、カレーパン 

 

ぐらは、私やごんよりもひと手間を惜しまない所があります。

昨日、夕食を準備していたら時間が無くなって、おやつにはコンビニのカレーパンを用意しました。
お腹をすかせて帰ってきたぐらに、
「おやつは、カレーパン食べてね。」
と言って、私は出かける支度をします。

ふと見ると、
ぐらはランチョンマットを敷き、カレーパンはトースターでちょっと焦げ目をつけて、ケーキ皿にのせている。
飲み物を用意して、やっと席に座り、熱々のカレーパンを食べ始めました。
袋からそのままかじるより、なんだか優雅な午後のひととき。
「ひと手間を惜しまず、ていねいに」ってリラックスするための準備なんだな、と反省した母でした。

                                       

category: 暮らし

tb: 0   cm: 1

△top

ハンドタオルをちょっとアレンジ 

 

バーゲンで買ったバイアステープを使いたくて、ハンドタオルをパイピング。
タオルも今治タオルのバーゲン。
パルコのお洋服屋さんに、リバティ生地でパイピングしたハンドタオルがあって「自分でつくれるわ!」

          IMGP1465_convert_20120902181046.jpg
        
青いのはリバティの端切れを利用した自作のバイアス。
作ってみて思ったこと、タオルのパイピングには薄手の生地でバイアステープを自作すべし。
市販のバイアスはちょっと硬い。
洗って糊が取れたらいいかな~?

category: ハンドメイド

tb: 0   cm: 0

△top

皇居三の丸尚蔵館 

 

今日は朝から皇居三の丸尚蔵館に行ってきました。

大手門から入ってすぐでした。

           IMGP1432_convert_20120901151427.jpg


         IMGP1435_convert_20120901152329.jpg

昨日偶然、今こちらに「蒙古襲来絵詞」が展示されていると知り、思い立って。
(展示は9月2日日曜日まで 入場無料)
ぐらも誘ったのですが「行かない」というので、「1時には帰って、お昼ご飯にするから」と言い残し一人で。

展示のタイトルは「珍品ものがたり」
珍しい所蔵品が展示されていました。

「蒙古襲来絵詞」で教科書でよく見る、馬に乗った竹崎季長が矢をかわしている部分は前期の展示だったそうです。
私は、元軍の船に武士たちが乗り移り、戦っている場面を見ました。

確かに珍しくて面白いものばかり。
ザボンの実をくりぬいて、皮部分を乾燥させて蒔絵を施したもの。
明治天皇のご発案だそうです。

手のひらに乗るくらいの象牙で作られた館の彫刻。
その中に人やら動物やらも彫られていて、人は880人

プチャーチンが長崎に来た時の様子を書いた絵巻物。
彼はどうも座る椅子まで自分で持ってきたみたいです。
行列の最後には、椅子を抱える人が描かれていました。

お話に出てきそうな大きな水晶玉や細かい金文字で鳳凰を描いたものもありました。

とってもおもしろかったのですが、展示室はお部屋がひとつ。
もっと見たかったな~。

後は皇居の東御苑をお散歩。

昔大手門に乗っていたという鯱鉾
歯並びいいな~。
          
        IMGP1433_convert_20120901160115.jpg


大手門の鯱鉾の下にはちゃんと波の模様。

              IMGP1454_convert_20120901153926.jpg

石垣も大きくて、やはり城塞だったんだと実感させる迫力です。

         IMGP1437_convert_20120901152631.jpg

石垣の角がとっても鋭角なのにも感動!

           IMGP1453_convert_20120901153742.jpg

でも場所によって、丸みのある石を積んだところもあり、場所に応じて仕様が違うのかな?
石垣ウォッチャーか?というくらい石垣の写真を撮ってしまいました。

途中から雨が降り出し、雨にけぶる本丸跡。

         IMGP1449_convert_20120901153017.jpg

大奥跡の表示もありましたが、ただの植え込みになっていました。
篤姫、ここにいたのね~。

      IMGP1445_convert_20120901153540.jpg


帰りにお土産売り場で、実家の仏様に「皇居ろうそく」(炎がきれいなんですって!)を買い、私はクリアファイルを1つ。
小栗判官ファイルです

         IMGP1461_convert_20120901154512.jpg




その後、新しくなったパレスホテルの地下アーケードを覗きました。
いかにもホテルの中のお店っぽいところもありましたが、レストラン街はとてもカジュアル。
こんなメニューにそそられたけど、ぐらが待っている。

            IMGP1459_convert_20120901154210.jpg

手ぬぐいのお店や和物のお店「マスターズクラフト」があって楽しめました。
自分用に買ったもの。
京都の上羽絵惣の胡粉ネイル
薬局に売っているエタノールで落とすことができて、爪に優しいネイルです。

            IMGP1462_convert_20120901154718.jpg

伸びがとってもいい!
これで2度塗り。
私が買ったのは「水桃」です。ネーミングもいいですね。

往復2時間、滞在2時間のショートトリップでした!

category: 暮らし

tb: 0   cm: 4

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。