Montag

暮らし・・・ときどきハンドメイド、ときどきお出かけ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

部屋着論争 

 

部活を引退したごんは、早い日には午後2時半に帰ってきます。
この時間に帰ってきて、シャワーを浴び、もうパジャマに着替えて勉強しています。

「まだ2時半よ、その恰好なんとかならない?」
「もう出かけないし」
「そういう問題でなくって、寝るまでにも汚すでしょう。それで布団入るわけ?」
「大丈夫!大体お母さんだって夜も昼もうちにいるときはTシャツに短パンじゃない」
「Tシャツと短パンでも、お母さんのは昼と夜と違います!昼はコンビニに行けるTシャツと短パンです。ちゃんと着替えてます!」
(短パンではなく、サブリナ丈と言ってほしい)
「Tシャツにお出かけ用もパジャマ用もないわ」
「あります~。パジャマ用は襟元がのびたり、色がはげてます~」

だんだん不毛な論争になっていく・・・。
スポンサーサイト

category: 暮らし

tb: 0   cm: 0

△top

ごんの音楽祭 

 

前後しますが、10日は所沢のミューズというホールで、ごんの学校の音楽祭。
クラス対抗の合唱コンクールです。
ミューズの舞台には巨大なパイプオルガンがあり、その両脇にミューズが二人。

      所沢 「ミューズ」_convert_20130613112400

      所沢 ミューズホール_convert_20130613113457
                         画像は2枚とも「ミューズ」HPよりお借りしました。


豪華だわ~。行ったことないけど、気分はヨーロッパ!?
地方自治体がこんなホールを建てていた時代もあったんですね。
公共施設だから中高校生も使わせてもらえるのがいいですね。

音楽祭に行くのも今年が最後。
ぐらの高校はないみたい

写真撮影、ビデオ撮影は禁止
CDが作製され、売り出されます。
予約をとって、その数によってお値段が変動するという仕組み。
CDジャケットも生徒の作品を使用。並べてみるとなかなか壮観です。
中高一貫の学校なので高校生がすべて企画してくれて、先生や保護者の出る幕なしです。

家事をしながら聞いて、
「朝練って早く出て行っていたな~」とか「衣装は・・・だったな」とか思い出している私。
お母様方の中には「DVDの方がいいわ~。衣装も見られるし」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、
子どもの行事のCDもなかなかいいものですよ。

category: 暮らし

tb: 0   cm: 3

△top

初吟行 

 

まったさんと先月から先生について始めた俳句。
今月は明治神宮の菖蒲田へ初めての吟行
外へ出かけて、そこで俳句を作るという風流な企画を吟行と言うそうです。
朝からおむすび持って、明治神宮へ。

一歩神宮の杜へ踏み入れると、ここが原宿?!
菖蒲田も予想以上に広くて、また山間に紛れ込んだかの雰囲気です。
ふっと佐賀の山にいるかのような錯覚に陥ります。
だってこの風景ですもの!

          IMGP0152_convert_20130611180939.jpg


これが原宿駅近くですよ。
パワースポットで有名な清正井より流れ出した水が順番に菖蒲田を潤しています。
カーブした奥もずっと続いています。
いろいろな種類の花菖蒲が咲き誇る絶好の鑑賞日和。
細かい霧雨が降っていて、菖蒲も生き生きと見えます。

           IMGP0153_convert_20130611181143.jpg


            
                     IMGP0155_convert_20130611182235.jpg


1時間半ほど散策して、俳句を作り、そのあと句会です。
今日、ほめていただけた一句

水曲がり 曲がり菖蒲の 田を満たす  とこ

湧き出した水が緩やかに菖蒲田をめぐる様子をよみました。

吟行のお伴は携帯用の歳時記

ホトトギス季寄せ 第三版ホトトギス季寄せ 第三版
(2011/03/11)
稲畑 汀子

商品詳細を見る

category: 俳句

tb: 0   cm: 3

△top

涼やかに、間仕切り 

 

教室は普通のアパートの1室で事業用ではありません。
こぢんまり営業ということで、大家さんがOKしてくださいました。
だから、教室から台所が丸見えで、学習の場の雰囲気にはなじまない。
子どもはあまり雑多なものが見えてしまったり、お家と同じ雰囲気だと気持ちの切り替えがつかなくなってしまいます。
でもパーテーションを置くほど広くはないし・・・。

念願かなって作りました!
透けているので、圧迫感がない間仕切りになったと自画自賛。

            小IMGP0150_convert_20130607120928


表情のあるチュール生地の上下に少し色味の違う白のチュールを切り替えでつけ、
部屋全体に280㎝まで対応の突っ張り棒を渡して、吊り下げました。
上下無地部分はは2重になっています。
ロックミシンで、布をつなげて、両側の端の始末をして・・・。
15分で完成!

やはり布の力は大きいですね。
チュールの生地に少し盛り上がりのあるプリントがされている個性的な生地です。

            IMGP0151_convert_20130607112245.jpg

松屋銀座の「NUNO WORKS」というコーナーで購入しました。
通販もできるみたい(こちら
手の込んだ布が置いてあります。
多少お値段のはる布ですが、パーテーションよりはずっと手軽。
無地部分は近所の生地屋さんの普通のチュール生地です。
下の角に掛け軸の風鎮のように石の玉を縫い付けました。
小さな玉ですが、錘になって落ち着きます。

category: ハンドメイド

tb: 0   cm: 2

△top

20年前の北京の味! 

 

銀座に行きました。
お昼は「メトロポール紅虎 銀座」で。
以前から気になっていましたが、初めて。

前の名前からすると餃子が名物なのか。
餃子定食(6個)を注文しました。
餃子は大ぶり。
スープが出てくるほどジューシーです。

          IMGP0147_convert_20130604214612.jpg

でも感動は、付け合せの小鉢を口にしたとき。これは~!!!
20年前、3~4日滞在した北京師範大の学生寮の朝食で出てきたジャガイモ料理!

      IMGP0148_convert_20130604214807.jpg

大学食堂に「ご自由にどうぞ」と山盛りに置かれていました。
これがおいしくて、おいしくて。
10日ほど中国を旅行しましたが、一番おいしかった。

同期の留学生王さんに「あれは何?どうやって作るの?」と尋ねたら、
王さんは「なんでそんなものを?」という感じで、
「あれはジャガイモの漬物。ジャガイモを細く切って、湯通しして、塩をかけたらできあがり。」
でも、そんな単純な味ではありません。
じゃがいもと一緒に緑の野菜も入っていました。
きゅうりだったのかな?ピーマンだったのかな?
何度か作ってみましたが、再現できず。

今日やっとわかりました。
緑のものはシェンツァイ
「紅虎」ではちょっと豪華に鶏肉も入っています。
塩に粗挽き黒こしょう、鶏肉から出る油分やおだしで味付けしてあるようです。
少し化学調味料も入っているかもしれない。

王さんは浅漬けという意味で「じゃがいもの漬物」って言ったのかな?
前日の夜にジャガイモを湯通しして、塩でもんでおくとよいのかもしれません。


category: おいしいもの

tb: 0   cm: 2

△top

図書館バッグいろいろ 

 

図書館バッグ、作っています。
持ち手の長さとか、作り方を変えてみています。
不思議!同じパターンでも縫い代が内側にくる普通の作り方をすると、地味なバッグになってしましました。

縫い代外側にして、バイアステープとの組み合わせがこのバッグのポイントでしょうね。

        IMGP0143_convert_20130601074708.jpg

入れ口のところも好きな部分。
(マニアックなポイントだな~)


          IMGP0145_convert_20130601075438.jpg

表地、生地の接着芯、裏地、別布が革なっているので、クタッとならない。

作ってお店に並べたいけど、材料費がなかなか高くつくバッグです
だいたい欲しがりそうな人には試作品をあげてしまっているしな~。
だからうちにはろいろ食べ物集まるのかな~?




category: ハンドメイド

tb: 0   cm: 3

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。