Montag

暮らし・・・ときどきハンドメイド、ときどきお出かけ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

台所洗剤+重曹はすごい! 

 

夏物の麻ジャケット、襟のシミがひどくなってしまいました。
ドライクリーニングではきれいにならない。
まず人様に見せられない、脱げない、処分しようかとも思いました。

「あさイチで、なんか塗って、襟のしみ抜きしてたよねたよね?」
ふと思い出して、調べてみると、
台所洗剤に重曹を混ぜ、硬ければ水を足したものをアクリルスポンジでこすり付ける
という方法を見つけました。

汗しみ、襟汚れも時間がたてば落とすのは難しいだろうと思いながらもチャレンジ!
うっすら残ってはいますが、見違えるようにきれいに。
嬉しい

             
               IMGP0086_convert_20150527101112.jpg

スポンサーサイト

category: 暮らし

tb: 0   cm: 2

△top

「田中昭夫の布 頒布会」で 

 

先週たった3日間だけ開かれた「田中昭夫の布 頒布会」
たまたまネットで田中御大のことを知り、是非見てみたかった。
詳しくは「田中昭夫 藍染」で検索していただくと、すぐにヒットする企画の皆さんのブログを見ていただいた方が、
頒布会に至るまでの事情がわかりやすいと思います。

そこでご縁があった布。
毎日眺めています。
あんまり触ると手垢がつくかもと思いながらも、「御大の布はそんなやわな布ではない」。
何度も染められた布は、藍の色が部分部分で違う。
ずっと眺めています。
大事にします。
そして企画してくださった皆さんに本当に感謝です。


            IMGP0085_convert_20150526110843.jpg

            

            IMGP0084_convert_20150526111056.jpg





category: 暮らし

tb: 0   cm: 2

△top

いかようかん 

 

いただきもの、いかようかん
いかソーメンではない、いかようかん。

          IMGP0076_convert_20150513162308.jpg

          IMGP0078_convert_20150517131723.jpg

あまりの楽しさに激写する。
中身は、表面はようかん・あん・求肥が層になっている凝りよう。
おちゃらけた外見のなのに美味しかったです。
「大泉洋が紹介して、有名になったらしいです」と私にくれた人は言ってました。
ごちそうさまです。

category: おいしいもの

tb: 0   cm: 0

△top

ちびぐらくんのエプロン 

 

今朝発送したpikaさんちのちびぐらくんのエプロン

           IMGP0070_convert_20150513162622.jpg

彼にはちと大きめかとは思ったが、そのうち大きくなるだろう。
型紙をこのサイズで切ってしまったから、サイズ違いは面倒なのよ。
絵本『おまえうまそうだな』のプリント柄。
ミミのタイトルを切り抜いて、ポケットに付けてみました。

                  IMGP0073_convert_20150513162806.jpg

ぴったりの色ののミシン糸なくて、ごめんね。

category: ハンドメイド

tb: 0   cm: 4

△top

麻のれんを拾う 

 

今日は恩師を囲む会。
待ち合わせ場所へてくてく歩いていると、あるお宅の前に「ご自由にお持ちください」と箱がいくつか置かれています。
通り過ぎようとして「長のれん」と張り紙のある箱を見つけました。
素敵な麻のれんです。
会場へ持っていくことになるな~と迷ったけれど、
「長のれんもらっていきま~す」と声をかけて、もらいました。
20年使った脱衣所ののれんをちょうど替えたいなと思っていたところです。
とりあえず白い壁の教室にかけてみる。

           IMGP0061_convert_20150510222853.jpg

category: 暮らし

tb: 0   cm: 0

△top

日本民藝館 

 

ようやく家族4人予定があった5日の午後、駒場の「日本民藝館」に出かけました。
学生時代、「ヴァンティーヌ」というファッション雑誌での紹介記事を見て以来、行きたかったところ。
他の3名は「おつきあい」ってオーラを全身から発している。


               IMGP0006_convert_20150506214215.jpg

今はこんな展示。

               IMGP0033_convert_20150506212811.jpg

でも「お付き合い」の人たちと行くと、
目的地に着く前に「ここでお茶にしようか}(夫)
「見たから下で待ってる」(夫と息子)
とっても素敵な所だったのに、落ち着かない。
ミュージアム・ショップには、日本各地(一部他の国も)で作られた民芸品が並んでいますが、選ばれた品々で洗練されています。
ゆっくり楽しめなかった欲求不満を解消すべく買ったお土産。
竹のお箸(古くなったお箸を交換しよう!)と草の紐?縄?

            IMGP0034_convert_20150506213043.jpg

「なんでこんなものを買うんだろう」と自問自答しながら買った草の紐。

            IMGP0039_convert_20150506213426.jpg


きっとずっと前に見た「暮らしの手帖」のこの記事が印象深かったからだろう。
おばちゃんたちがつくる木や草の縄の特集記事です。

              IMGP0040_convert_20150506213702.jpg


民藝館を後にして駒場公園内のお屋敷へ。
前田様のお家だったそう。

              IMGP0027_convert_20150506214758.jpg

              IMGP0019_convert_20150506214513.jpg

category: 暮らし

tb: 0   cm: 2

△top

小学生のエプロン 

 

市販のパターンで小学生のエプロンを作りました。
Hさまのご注文品。
Hさまに生地を選んでいただいて、送っていただきました。

         IMGP1560_convert_20150504110149.jpg

かわい~い小鳥模様。
小鳥に合わせてエメラルドグリーンのポケットが効いています。

後ろはこんな風になっていて、かぶって着るタイプ。
裏は別のプリントのリバーシブル生地でした。
一人で素早く身支度できるね!

         IMGP1561_convert_20150504112535.jpg

category: ハンドメイド

tb: 0   cm: 2

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。