Montag

暮らし・・・ときどきハンドメイド、ときどきお出かけ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

Joseph Tong ピアノリサイタル in ヘルシンキ 

 

なかなか日本に戻れないヘルシンキ旅行記。

ヘルシンキ音楽センターでは
Joseph Tong ピアノリサイタル
イギリスのピアニストです。
 

ヘルシンキでこのリサイタルに(行けたら)行こう!と目星を付けて以来、ちゃんと予習もしてきた。

舘野泉さんの「北の調べ~フィンランド・ピアノ名曲集」が仕事場のBGMでした。

           545.jpg

このCDは本当にお勧めです。
シベリウスをはじめとするフィンランドの作曲家のピアノ小品集。
知らない作曲家ばかりですが、こころ穏やかに過ごせる感じ。
特にスーラ作曲「結婚行進曲」がお気に入り。


ヘルシンキ音楽センター
ガラス越しに見た大ホールは木目っぽかったのですが、
小ホールCamerataは、金属的。
青っぽい金属の部屋に入ったよう。
3~4列目くらいの中央の席で、ごんは「一番音がよく聞こえる!」と嬉しそうです。

演奏が始まると、体に直接音が飛んで入ってくる。
今思い出してもそのクリアさ、音が飛んでくる感じは心が震える。
もちろん演奏も素晴らしいのだけれど、こんなにホールで音が違うんだと。
絶対私は耳が肥えた。

休憩時間にCDを買いに行く。
フィンランドではチョコ1個買うのもカードが使えたので、現金はもうほとんど使ってしまっていました。
しかし、CDはスタッフが手売りしていた。
現金しか使えない
「残念」ってつぶやいたら、「こちらにお住まいの方ですか?」って日本語が聞こえる~!
CDを販売していたのは日本人、Joseph Tongさんのパートナーさんだそう。
「円は持ってるんだけど・・・」と話していたら、「両替しましょうか?」ってまた日本語が聞こえる~!
もうしばらくこちらにご滞在というレディーに両替してもらって、無事CD購入。

            297.jpg



こちら ローチケHMVで購入できるようです。
(画像はローチケさんよりお借りしました。)


旅の教訓、「困ったら、言葉に出そう!」

休憩後のプログラムは、フィンランディア!
フィンランドでフィンランディア!
ピアノで聞くのは初めてです。
ピアノ曲になっているのですが、一番盛り上がる部分では金管楽器の音が聞こえてくるよう。
金属的なホールの効果かな?
「フィンランドでフィンランディアを演奏するのはとても緊張しました」
とJoseph Tongさんはおっしゃっていたけど、素晴らしい演奏でした。

こうして最後の夜が暮れて行く。

スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 4

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。