Montag

暮らし・・・ときどきハンドメイド、ときどきお出かけ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

1925年の刺繍図案 

 

今日は久しぶりに時間ができて、市民文化祭の出品作品作りです。
1925年にDMCから出された古い図案帳から図案を選びました。
古い古い図案帳。

201608261705349a7.jpg

   

動物や植物モチーフが多くて、デザイン自体は全く古い感じはしません。
私が選んだのは、このページの小鳥。

         2016082617064978e.jpg

縦にしか反映されない(涙)   

フィッシャーのだまし絵みたいだけど、もっとかわいいです。
水色の糸にして、青い鳥がいっぱいのミニバッグにします。

           20160826170606fb5.jpg


スポンサーサイト

category: ハンドメイド

tb: 0   cm: 0

△top

美味いぞ、コリンキー! 

 

「カボチャの浅漬け」に惹かれて、買いました。
使われているカボチャはコリンキー。
サラダにもできるカボチャだって。
コリンキー、シャクシャクして美味しいぞ!

20160824160655560.jpg


category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

TINTINのカードを額装 

 

叔母の織った鹿島錦のはぎれを額装するために、いざ!世界堂。
聖蹟桜ヶ丘の駅ビルの中の世界堂はゆっくり相談にのってもらえます。

叔母の鹿島錦は、白と金の美しい織物。
手織りで僅かずつしか織ることができない、宝石のような織物です。
それに少し光沢のある深い赤色の布が張られたマット、細い黒縁の額を合わせました。

叔母の家を訪れたお客様と、鹿島錦のお話が弾みますように。

🍀

ついでに私もTINTINのカードを額装しよう。
原宿のshopで、教室に飾るのにピッタリな、やさしく楽しいカードを見つけました。
いくつか似合いそうなマットを合わせてもらって、お気に入りを探します。
出来上がりや部屋の雰囲気を想像しながら選ぶのは楽しい作業です。

生徒たちは、普段は何にも言いませんが、絵を見ているもの。
絵の配置を変えたり、季節の絵が時期遅れになったりすると、
「それは前の位置がいい」とか「夏になったからニガウリの絵を飾れ」とか。
意外とうるさい。
情操教育の一つですね。

出来上がりは、

        20160820150317736.jpg

大きなチョコエッグを抱えたTINTIN。
みんなで開けてみると、春がこぼれ出す。
イースターのカードだそうです。
ストーリーを考えながらカードを組み合わせるのも楽しいこと。

このカード、TINTINのネットショップでも求めることができます。


category: 暮らし

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。