Montag

暮らし・・・ときどきハンドメイド、ときどきお出かけ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

コペンハーゲン郊外へ ヘルシンガーの図書館 

 

まったさん母娘と一緒の一日は、電車に乗ってコペンハーゲン郊外へ出かけることにしました。
まず目指すはクロンボー城。
シェークスピアの「ハムレット」の舞台となったお城だそう。
お天気にも恵まれ、車窓の美しい風景を楽しみながらの電車移動は楽しいものです。

電車を降りると、クロンボー城の開館時間には少し間がありました。

               IMGP0240_convert_20150914232416.jpg

手前に立つ素敵な図書館を覗くことにしました。
ヘルシンガーの図書館

               IMGP0241_convert_20150914232644.jpg

市の図書館っぽい雰囲気なので、入ってすぐのカウンターで「見学してもいいですか?」と尋ねると、
「どうぞ、でもあなたここがなんだかわかってる?」と聞かれたので、「ビブリオテーク」と応えると、司書さんにっこり。
写真撮影も人が入らなきゃいいわよと言ってくださったので、守るよ!

外光がふんだんに入ってきて、気持ちがいい室内。

               IMGP0242_convert_20150914232935.jpg

               IMGP0250_convert_20150915000652.jpg

               IMGP0251_convert_20150915000525.jpg



児童書のコーナー
船をモチーフにした美しいディスプレー。

               IMGP0257_convert_20150915005020.jpg

               IMGP0258_convert_20150915003127.jpg

               IMGP0265_convert_20150915003305.jpg

「海の近くだからね、それっぽいディスプレーね」と思っていましたが、実はもっと深い意味があったのさ。
お話し会用の座布団?

               IMGP0264_convert_20150915002535.jpg

ごっこ遊びもできるのか!
               IMGP0266_convert_20150915003743.jpg



学習室はガラス張り。
一人用のブースもあるし、5~6人入れそうなブースもある。

               IMGP0243_convert_20150914233313.jpg

               IMGP0244_convert_20150914233657.jpg

みんなちゃんと調べものしたり、ディスカッションしたり、本来の学習室の使い方をしている。
日本だと寝ている人も多いからね。
ブース以外でも寝ている人はいないな~、朝イチだったからかな。

ここは靴を脱いであがる所。

           IMGP0254_convert_20150915003436.jpg

赤いじゅうたん敷きで気持ちいい。

                     IMGP0255_convert_20150915001522.jpg


ちいさなステージも、ピアノもある。

                IMGP0256_convert_20150915002931.jpg

図書館と音、普通相容れないものかもしれない。
ここにはどちらもあるようだ。
図書館が単に本を読むところ、調べ物をする所でなく、もう少し広い範囲をカバーする学習施設ととらえられているのではないだろうか。

トイレの個室の中で見つけたもの。
使用済みの注射器などを廃棄する箱のようです。

                 IMGP0245_convert_20150914234609.jpg

日常的に注射が必要な方もいらっしゃいますものね。
デンマークの公共の場所やホテルのトイレで気付いたのは、トイレ脇に小さなシャワーが設置されていることです。
人工肛門の方には必要な設備だと聞いています。
生活する上で最もベースとなる部分は誰でもどこでも安心して使えるような設備が保障されている社会はいいな、と思いました。
特に生涯学習の拠点となる施設に、細やかな配慮が行き届いているということは、私たちの学習の権利が保障されているということにつながると思いました。

テラス席?建物の中です。

                IMGP0247_convert_20150914234842.jpg

                IMGP0248_convert_20150914235044.jpg

クロンボー城がよく見える。

                IMGP0246_convert_20150914235340.jpg


除籍された本は売っている。

                 IMGP0267_convert_20150915004154.jpg


ステキな図書館だけど、なんかおかしい。
古い図書館のリメイク?とも思ったけど、昔は図書館でなかったのでは?

最初に「ここがなんだかわかってる?」と聞いてきた司書さんをつかまえ、つたない英語で、
「ここは今図書館だけど、昔はなんだったの?」と聞いてみた。
司書さん、がぜん元気づく。
全てを理解できないスピードになってきた。
この図書館は、昔はシップビィルディングだった。
そのころの様子や建物の変遷については、その先を曲がったところに青いテントが目印のところに展示や映像での説明があるから行ってみて、(と言っていたようだ。)

図書館でもらったしおりです。

           IMGP0562_convert_20150915010213.jpg

夜はもっときれいだな。
なんだか図書館レポートになってしまいました。


図書館の外に出てみると、隣に「船舶海運博物館」があったので、多分ここを案内してくれたのかな?
でも指差す方向がちょっと違っていたみたいだけど、他にその建物オンリーの説明施設があるのかな?
クロンボー城の開場時間となったので、残念ながらパス。
「船舶海運博物館」もパス。
帰ってみて調べたら、この博物館、リニューアル後1年で10万人を集めた人気の博物館だったらしい。
残念。
北欧建築・デザイン協会の記事(こちら)に詳しいです。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://montagbag.blog7.fc2.com/tb.php/649-8ab6ac80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。