Montag

暮らし・・・ときどきハンドメイド、ときどきお出かけ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ヘルシンキ観光(その4) ヘルシンキ現代美術館 

 

ヘルシンキをゆっくり楽しめるのも最後の日です。
まだ心配事は解決していないけれど、落ち込んでいてもごんにうんざりされてしまいます。
トラムに乗ってヘルシンキ中心部へ。

まずは現代美術の「ヘルシンキ現代美術館 キアズマ」に向かいました。
改築されたて間もないきれいな美術館です。
こちらもヘルシンキカードで入場できました。

入るとガランとした天井の高い空間。
そこでパフォーマンスが行われていました。
演技する人たちは歌いながら?(うなりながら?)何かを表現しているみたいだけど、何を表現しているかはわからなかった。

                   IMGP0429_convert_20151020210851.jpg


でも透明な空気感があり、気持ちがいい空間です。
休憩スペースのソファーも素敵!

                   IMGP0428_convert_20151020210727.jpg


緩やかなスロープを上り、最上階まで行って、降りてくることにしました。
その最上階の展示、いきなりパンチのきいた作品。
写真は自由に撮ってよかったけれど、撮るのをはばかられる。
これはおとなしい方。

                   IMGP0433_convert_20151020212013.jpg

世界的なブランドが、「世界の工場」中国で、大量生産して市場を席巻することに対する猛烈な抵抗。
それが直接的に表現されています。

「メイド イン チャイナ」というタイトルの連作の一枚。

                   IMGP0434_convert_20151020212214.jpg

世界的ブランドのキャラクターたちが描かれています。
このキャラクターたちがだんだん渦に巻き込まれるように形が崩れて行きます。

「ひこにゃん」入れなくても~。

                   IMGP0435_convert_20151020213950.jpg

彼がそんなにフィンランドの人たちの生活を脅かしているとは思えないんだけど。

価値が均一化していくことへの抵抗。
利益がグローバル企業に集中することへの抵抗。
そんな自分たちの生活を脅かす大量生産されたモノが「キャラクター」という仮面をかぶって子どもたちへ浸透していくことへの抵抗。
特にマクドナルドへの憎悪を感じました。

企画展はロバート・メープルソープの写真展。
こちらも私には難しかったです。
世の中には、こんなにも宗教や性やグローバル経済への違和感を感じている人がいるんだな~。
今の生活に危機感を持たないとダメなのか?
ぼんやりを反省する一方、直接的な表現には最後までなじめなかったです。
見ている人の心をざわつかせる、それも作品の狙いなのかもしれませんね。

私たちはあまり気持ちがフィットしなかった。



ヘルシンキの街角で見かけたフェルトの室内履きが、木靴っぽくってなごむ~。
私にとっては美術品。

                 IMGP0427_convert_20151020210435.jpg

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

これフエルトで出来てるの?かわいい〜🎵

ちる #VZUwebqk | URL | 2015/10/21 22:33 | edit

ちるちゃんへ

たしかフェルトだったかと。
改めて言われると自信ない。
お店が開いていなくて、外から写真を撮ったの。
この靴がかわいい布袋に入って売られていました。

とこ #G5Zeud3U | URL | 2015/10/22 22:45 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://montagbag.blog7.fc2.com/tb.php/661-415d021a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。