Montag

暮らし・・・ときどきハンドメイド、ときどきお出かけ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

若い人によいものを見せる 

 

昨日は好天に恵まれ、観梅のつどい
会場のお庭の梅はまだ花が少なかったけれど、梅を楽しみ、弦楽四重奏をサロンで楽しみ優雅なひと時でした。
仙川の武者小路実篤記念館での催しです。

コンサートの後は学芸員さんのお話。
そこには、実篤先生とのエピソードをお持ちの女性もおみえでした。
50年前のことだそうです。
まだ学校を出たばかりの新入社員だったころ、上司の命で先生のお宅にお使いに。
その時、まだ先客がいるお部屋に「あなたもいらっしゃい、いいものがあるから」と通され、
その先客が持参した見事な能装束を見せてもらわれたそうです。
それはため息の出るような美しさで、50年たった今でも忘れられないとのこと。
実篤先生は
「若い人はいいものを見ておきなさい」と。

その方はその後、刺繍のデザインをする仕事を一生の仕事とされます。
「その時は気づかなかったけれど、振りかえてみるとあの能衣装が私の中に伏流水のようにあって、導いてくれました。
若いときにいいもの、美しいものをみること、そして本物の人に出会えたことが幸せでした。」

私は若い人たちと接する仕事です。
伝えようと思いました。
東京の地の利は、世界中の美しいものを居ながらにして見るチャンスがあるということ。
私は、実篤先生のような本物の人(大人という意味かな?)ではないけれど、目指すつもりで!
本物の大人って、狭い了見にとらわれず、次代の事を考えられるということかな。



そのご婦人とは席がお隣だったので「どのような刺繍をなさるのですか?」と伺いました。
元々は刺繍の図案を作るお仕事に携わっていらしたとか。
「刺繍はね、刺す素材や材料によって同じ図案でも全く違うように見えてくるのよ」と聞いて、「私の先生かも!」
お教室も近所だったので、見学させていただくことにしました♥

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://montagbag.blog7.fc2.com/tb.php/683-7b86569d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。